Googleのロゴマークがいつもと違う!?毎回楽しめる「Doodle」とは?

Pocket

みなさん、こんにちは。
ジーニアスウェブの宮本です。

宮崎は、一昨日あたりから、前日までの寒さが嘘のように暖かくなってきました。
このまま春に突入してくれることを願うばかりです…

突然ですが、皆さんはGoogleを使って何か調べようとした時に、検索窓の上にあるGoogleのロゴがいつもと違う…と思ったことはありませんか?
実は、それ「Doodle」と呼ばれるものなんです。
今回は、その「Doodle」についてご紹介します!


「Doodle」とは?


「Doodle」は、直訳すると“いたずら書き”です。
様々な記念日や祝日、著名人の生誕祝いなどをお祝いするためにアレンジされた、検索窓の上にあるGoogleのロゴマークのことです。

「Doodle」誕生のきっかけ…


Google 創設者であるラリーとサーゲイが、ネバダ砂漠で行われるバーニングマンフェスティバルに参加中であることを伝えようと、会社のロゴで遊んでいたときに誕生しました。( Doodleについて

創設者の遊びゴコロから始まった「Doodle」ですが、今ではDoodlerと呼ばれるイラストレーターとエンジニアのチームが結成されているほど。
世界中のGoogleユーザーが笑顔になるような楽しい場所にするための、重要な取り組みとなっているようです。

いろんな「Doodle」をご紹介します!


● 日本に関する「Doodle」

いろんな記念日や祝日をお祝いしている「Doodle」ですが、日本の様々な記念日もお祝いしてくれています。


野口英世生誕 135 周年(2011/11/09)


日本のラジオ体操初放送 86 周年(2014/01/11)


日本発の時刻表発行121周年(2015/10/05)


2017年 山の日(2017/08/11)

日本の祝日や記念日、偉人の生誕記念などは、日本でのみ表示されています。
そのDoodleの表示地域や、同じ日の別の地域で表示されているDoodleなども、各ページで見ることができます。

● 動くDoodle

ロゴマークが動くって、そうそうないとは思いますが、Doodleでは動くもの(動画やゲームなど)もたくさんありますよ。


円谷英二生誕 114 周年(2015/07/07)


チャールズ・マッキントッシュ生誕 250 周年(2016年12月29日)


ウィンブルドン 140 周年(2017年7月3日)


周有光生誕 112 周年(2018/01/13)

「円谷英二生誕114周年」は、動くレベルを通りこして、“ミニゲームで特撮映画をつくろう!”というものです(笑)
面白いので是非。
(その他、プレイできるゲームや動画のDoodleはこちら

● Doodleの遷移

毎年Doodleに登場する記念日や祝日もあります。
ひとつのDoodleを年ごとに追っていくと、デザインの移り変わりが見えて面白いです。

たとえば、「こどもの日


はじめは、Googleのロゴマークがしっかりと残っていますが、2010年あたりからでしょうか、少しずつアレンジの幅が広がっていますね。

おわりに


いかがでしたか?
小さなスペースではありますが、遊びゴコロやデザイン性、偉人や記念日へのリスペクトなど、たくさんのものが溢れていると感じました。
(過去のDoodleはこちらからご覧になれます)

新人デザイナーとして、まだまだ勉強中の毎日ですが、デザインはいつどこで何から学べるかは分かりません。
仕事中だけでなく、日常生活でも色んなところに目を向けて、デザインの感性を日々磨いていきたいと思います!

それでは、失礼致します。