2017.09.15 Fri

見ている人の心を揺さぶる効果的なライティング方法(心理テクニック編)


こんにちは。ジーニアスウェブの藤井です。

最近、perfumeとマキシマムザホルモンの対バンライブに行きました。
身長が低いのでぴょんぴょん飛び跳ねていたら、全身筋肉痛になりました・・・
家に帰って体重測ったら、結構減量できていました。ライブすごい!!

 

さて、これまでは「見出し」で見込み客の心をぐっと引きつけ、
その人に利益がある記事が書けているかどうか?をお伝えいたしました。
今回は、ライティングに使える心理テクニックをお伝えいたします!

 

「あなた」に呼びかける心理


「あなたのことが好きです。」
「◯◯さんのことが好きです。」
そんなラブレターもらったら、ちょっとドキッとしませんか?

ラブレターや特定の人に手紙を当てて書く時、「みんな」とは書かないですね。
「みんなのことが好きです!」って書いても、なんだ自分だけじゃないのか・・・と群集心理が働いて、行動する決め手にはなりにくいです。
ライティングでも、この効果は発揮できます。

→販売者目線の書き方
もし効果が現れなければ、全額ご返金いたします。商品をそのままこちらにご返却ください。直ちにオーダーをキャンセルの手続きをいたします。

→あなたに対して訴える書き方
もし、 あなたがこの商品を気に入らない、効果が現れないと感じた時は、全額ご返金いたします。商品をそのままこちらにご返却ください。すぐにオーダーキャンセルの手続きをいたします。あなたからは一銭もいただきません。

無機質な感じが減って、語りかけるような感じになりましたか?
このように、特定の人に向けて書き始める(該当しない場合は、読み手を想定して書く)ことで、「自分のことかな?」と思わせることができます。特にメールマガジンなどのタイトルで「あなた」や「◯◯さん」と使うと、より効果的ですね。

そこできちんと、読み手が分かりやすいような言葉が使われているか(専門用語はないか)、特定の人に対して、重要なことを伝えられているか、自分がその立場に立ったとして、本当に行動するか?を深く考えていくと、以前よりより良い文章ができますね!

 

他にもあるある、心理テクニック


カリギュラ効果
物事を禁止されると、余計にその物事をやってみたくなる行動心理のことです。
絶対に見てはいけない、と情報などの制限をかけられると、かえって見たくなる衝動です。

これはよく、CMやテレビ番組などで多く利用されている手法です。
芸能人の暴露話に「ピー」音を入れたり、モザイク処理をかけて一部を分からなくすることで、視聴者の興味を掻き立て、続きを見たい!と煽る効果があります。

バーナム効果
「あなた、普段は明るく努めていますけど、本当は繊細で悩みがありますよね」
こんな風に言われると、えっ、なんで分かるの?となる人が多いと思います。

誰にも当てはまりそうな事なのに、さも「あなたの事」として思わせる手法です。
長い文章を書き、最後に「ここまで読んでくれるあなたはとても真面目な方だと思います」と言うと、「この人、わかってくれる!」と共感し、文章に信頼度が生まれやすくなります。

他にも色々心理テクニックがあるので、色々試してみましょう!

WRITERこの記事を書いた人

藤井

藤井

大阪オフィスからお客様のサポートを行います。 サーバー関連の業務なども従事しています。

大阪オフィスからお客様のサポートを行います。 サーバー関連の業務なども従事しています。

FREE DOWNLOAD

顧客獲得に成功した24社の成功事例を1冊にまとめました。
顧客獲得にお困りの方も、そうでない方も、一度お読みいただくことをお勧めします。

MORE VIEW