「なんとなく…」はデザイナーとしてNG!色が持つ心理的なイメージを理解して、意図した色使いを。

Pocket

みなさん、こんにちは。宮本です。

デザインをしていて、色について考えさせられることは常にあるのですが、なかなか難しいものです。

以前、「人の心理を意識した色選び」と題して、色の役割について書かせていただきましたが、今回は「色が持つ心理的なイメージ」について書かせていただきます。
「人の心理を意識した色選び」(2017年11月14日)

 

色を認識するプロセス

私たちは、物体に当たった光が目に反射することで色を認識しています。

物体に当たる光は、それぞれ波長が異なり、その波長の違いが色の違いということになります。
暗い場所では、そもそも反射する光がないので、何色かが判別できません。

つまり、物体そのものに色が付いている訳ではないのです。

光の波長の中で、目に見える光のことを「可視光線」と呼びます。

可視光線の中で、最も波長が短いものが青紫です。この青紫よりも波長が短く、目に見えない光のことを「紫外線」と言います。

可視光線の中で、最も波長が長いものが赤です。この赤よりも波長が長く、目に見えない光のことを「赤外線」と言います。

 

代表的な8色が持つ、それぞれの心理的なイメージ

赤色が持つ抽象的なイメージ

活発、情熱、危険、温暖、女性

赤色が持つ心理的なイメージ

目を引き、関心を集める。アドレナリンを分泌し、興奮を促す。時間経過を早める。膨張して大きく見える。

 

オレンジ

オレンジ色が持つ抽象的なイメージ

温もり、太陽、健康、親しみ、夏

オレンジ色が持つ心理的なイメージ

食欲増進。エネルギーと開放感。仲間意識を高める。緊張の緩和。

 

黄色が持つ抽象的なイメージ

元気、華やか、奇抜、注意、子ども

黄色が持つ心理的なイメージ

集中力を発揮させる。記憶力を高める。注意喚起。判断力を高める。

 

緑色が持つ抽象的なイメージ

自然、安心、安全、エコ、リラックス

緑色が持つ心理的なイメージ

疲れを癒す。鎮静作用。緊張の緩和。生命力を与える。

 

青色が持つ抽象的なイメージ

清潔、クール、信頼、知性、男性

青色が持つ心理的なイメージ

集中力を高める。時間経過を遅める。気持ちを落ち着かせる。

 

紫色が持つ抽象的なイメージ

神秘、伝統、高級、不安、前衛的

紫色が持つ心理的なイメージ

想像力を掻き立てる。感性を豊かにする。ヒーリング効果。

 

白色が持つ抽象的なイメージ

無垢、清潔、透明感、軽い、冷淡

白色が持つ心理的なイメージ

膨張して大きく見える。始まりを感じさせる。希望。新しい一歩。

 

黒色が持つ抽象的なイメージ

プロフェッショナル、男性、力強い、重厚感

黒色が持つ心理的なイメージ

強い自己主張。老化の促進。圧力や権力などの力を感じる。

 

さいごに

いかがでしたか?

デザイナーの方をはじめ、デザインに関わる方は、色についての知識を持っておくと、色を駆使して様々な目的を達成しやすくなるかもしれません。

また、デザインに関わりのない方でも、色は身の回りに溢れており、とても身近なものです。

最近疲れているなと思ったら、植物をインテリアに取り入れてみたり、最近忙しくてバタバタしているなと思ったら、青や紫のものを身の回りに置いてみたりと、色の持つイメージを利用して、自分をコントロールすることもできます。

身近にありすぎて考えることも少ないかもしれませんが、一度色について考えてみると面白い発見があるかもしれません。

それでは、失礼いたします。