2017.12.14 Thu

コーポレートサイトリニューアル Column vol.4【広告側・リマーケティング広告について】

みなさん、こんにちは!ジーニアスウェブの大木です。

当社では、コーポレートサイトを2017.10.06に全面リニューアルを行いました。
今回は広告側より、リニューアルに合わせて配信を行ったリマーケティング広告についてお話させていただきたいと思います。

 

今までのリニューアル記事
コーポレートサイトリニューアル Column vol.3【CMS&コーディングについて】
コーポレートサイトリニューアル Column vol.2【デザインについて】
コーポレートサイトリニューアル Column vol.1【なぜリニューアルをしたか?】

【配信概要】

商  材:自社の成功事例集PDFのダウンロード
媒  体:Google Adwords、YDN
対 象 者:下記の特定ページを訪れたユーザーを対象
・製作実績ページ
・サービスページ
・インタビューページ
使用広告:バナー、インフィード、レスポンシブ
飛び先ページ:PDFダウンロードページ

今回は、検索広告ではなくリマーケティングのみに絞って広告配信を行いました。

 

インフィード広告とレスポンシブ広告については、訴求内容はシンプルに
「成功事例集の説明をメイン+無料ダウンロード可能」といった感じの広告文で配信していましたが、なかなか反応してくれず…。

そこで、テストを実施。
「なぜこの会社の集客はうまくいったのか。+成功事例集の説明」といった、
「なぜ」「どうして」といった、ユーザーを引き付けるような広告文を追加しました。

上記に上げたページに訪問しているユーザーは、少なからず集客に対して困りごとがあったり、もっと売り上げを上げたいなど要望を持ったユーザーだろうと踏んで、このような訴求内容を加えて広告文を作成しました。

 

【テスト結果】

A:「成功事例集の説明をメイン+無料ダウンロード可能」
B:「なぜこの会社の集客はうまくいったのか。+成功事例集の説明」

表示回数 クリック CV数 クリック率 CV率
A 58,731 26 0 0.04% 0.00%
B 55,453 41 2 0.07% 4.88%

※同期間の計測。

やはり、Bの訴求のほうが反応ありました。
まだまだ短期間のデータなのでクリックもあまり出ていませんが…
単純に見るとクリック率は2倍近く上がっていますね。

ページを指定してのリマーケティングなので、あまりボリュームは出ていないものの反応は増えているようです。

バナーなども出していたので、全体のCPAとしては3000円ほどになります。

 

【まとめ】

ユーザーが商材に対して何を求めているかをしっかり分析して、それに対応した広告文を作成することでユーザーの反応を得ることに繋がっていきます。
画像のパターンを変えてみると、また違った反応が出てくるかもしれませんね。

まだまだ開始したばかりなので、データを貯めつつ、より良い広告になるようにテストを重ねていきたいと思います。

 

次回はColumnシリーズ最終回、リニューアルの裏側編です。
加藤さん、よろしくお願いします!

コーポレートサイトリニューアル Column 2017の記事一覧はこちら

WRITERこの記事を書いた人

大木

大木

宮崎オフィスで、主に広告運用を担当しております。

宮崎オフィスで、主に広告運用を担当しております。

CATEGORY

Genius Web in Japan コーポレートサイト

FREE DOWNLOAD

顧客獲得に成功した24社の成功事例を1冊にまとめました。
顧客獲得にお困りの方も、そうでない方も、一度お読みいただくことをお勧めします。

MORE VIEW

CATEGORY