2019.03.06 Wed

ブログサイトのアクセス数を増やす方法5選

増田です。今回は私が気になったことについて書いていこうと思います。
それは「ブログのアクセス数(人気)はどうすれば増えるのか」というものです。

仕事や作業をしていると、自分だけではわからないことがいくつも出てきますよね。
そんなとき皆さんはどうしますか?

まずはググり…もといネットで調べる機会が多いのではないでしょうか。
今この記事を見ている方もまさしく調べた結果この記事にたどり着いていると思います。

ネットで調べると言っても、様々なサイトやブログ・サイトが検索結果にヒットしてきますよね。
そんななかで、今回はどんなブログ記事が読まれやすい(アクセスされやすい)のかを書いていこうと思います。
これを実践することで、ブログへのアクセス→自社サイトへの流入が少しでも増えるきっかけになればと思います。

読まれやすい記事を書くには

ここから内容に入っていこうと思います。
どのようなブログ記事を書くことで、アクセス数(流入)が増えるのか?
5つ書き出してみましたので順に紹介していこうと思います。

検索キーワードを組み込む

まずはこれかなと思います。記事の中に検索されそうなキーワードを入れておくことです。
ただし、ここで注意したいのは単純に関係のありそうなキーワードを詰め込むのはよくありません。
グーグルは、サイト内のキーワードだけでなく、調べる人の求めていることにふさわしい内容かどうかで判断するようになってきていますので、ブログを書くときにも「ユーザーがこう調べたときに出てくると助かる」であろう内容を書いておくことで、検索結果の上位に表示され、アクセスもされやすくなると思います。

タイトルに「5選」等のような数字を入れる

これはよく見る手法ですよね。
毎日記事を投稿するようなブログなどでは難しいときもあるかもしれませんが、数字を入れることでどれくらいのボリュームの記事なのかがひと目で把握できます。
それにプラスして、どんな人に読んでほしいのかがわかるタイトルだとなお良いとされています。
例えば、「一味違った大阪観光をしたいあなたへ贈る、穴場スポット7選」という感じで書いておくことで、
・大阪観光するひと(特に隠れスポットとかしりたいひと)
・7つのスポットが入っている
ということがタイトルを見ただけで把握できますので、このサイトが自分に必要なものかどうかの判断がしやすくなりますよね。

SNSを利用して拡散する

これもわかりやすいことかと思います。
ツイッターやフェイスブック、あるいはインスタグラムなどで、ブログの記事を拡散させることで、様々な年齢層の人に向けてブログの公開をお知らせすることができるのが良いですね。

投稿する記事に統一感をもたせる

投稿する記事の内容は、統一しておくと良いと思います。
例えば歯医者さん等を例に上げると、基本的に医院に関することや治療に関すること、各イベントでのキャンペーン情報のお知らせ等を書いて統一感を出すほうがいいと言われています。

他サイトの人気がある記事をみてみる

なぜ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これもブログ記事の内容を充実させることに繋がります。
なぜなら、他ブログで検索上位に来ているということは、グーグルが優良だと思ったから上位にいるわけです。そしてそれは、記事の内容がユーザーの希望に沿っているものでキーワードがしっかり入っている。ということになります。
記事の内容を真似するのはよくありませんが、なぜ上位にきているのかを知ることで、自身のブログをより良いものにできると思います。

まとめ

今回は、私のふとした疑問からこのような記事を書かせていただきました。
最近SEOや表示速度などに関して興味が出てきているのですが、まだまだ勉強の必要があります。
企業のサイトを上位に表示させたり、表示速度を上げたりする方法等については今まで少し触れてきたのですが、企業サイト+ブログサイトを持っている企業も多い中、ブログからの流入は重要だと思ったのがきっかけでした。
この話題はもっと掘り下げたいものでもあるので、また書こうと思います。

WRITERこの記事を書いた人

増田

増田

a-blogやWordPressを使用したサイト制作に携わっています。 もっといろんなCMSを扱えるようになれるよう勉強中です。

a-blogやWordPressを使用したサイト制作に携わっています。 もっといろんなCMSを扱えるようになれるよう勉強中です。

CATEGORY

Genius Web in Japan コーポレートサイト

FREE DOWNLOAD

顧客獲得に成功した24社の成功事例を1冊にまとめました。
顧客獲得にお困りの方も、そうでない方も、一度お読みいただくことをお勧めします。

MORE VIEW

CATEGORY