2018.08.30 Thu

ローカル環境でWordPressを構築したい!「Local by Flywheel」のインストール方法と使い方!

こんにちは。
米田です。

先々週、ELLEGARDENの復活ライブに行ってきました。
たまらんですね。
細美武士かっこよすぎでした。

さて、今回はWordPressのお話です。

WordPressをいざ構築しようとすると、データベースを作成して、インストールして、、、
などなどおなじみの行程があると思います。

ただ、「実験的に試してみたいことがある!」「勉強のためWordPressを触れる環境を作りたい!」「ftpをさわるのがめんどくさい!」と思ったことはないでしょうか。

今回紹介する「Local by Flywheel」はとても簡単にWordPressをローカル環境で構築することができるツールです。

インストール方法

「Local by Flywheel」はインストールが非常に簡単です。
そこも優れた点の一つでもあります。

インストールファイルをダウンロード

Local by Flywheelのダウンロードボタンをクリックすると、以下のような記入画面が表示されます。

必須項目は、「OS」「メールアドレス」「サイト数」なので非常にらくちんですね。
そして一番下にある「GET IT NOW!」ボタンを押すと、ダウンロードが始まります。

インストール

ダウンロードしたファイルを解凍し、インストールを開始します。

そして起動すると以下の画面が表示されるので、
「LET’S GO!」ボタンを押し、インストールを進めます。

以下の画面が表示されれば、インストール完了です!!

ローカル環境を構築

「+ CREATE A NEW SITE」ボタンを押して、構築していきます。
といっても、わずか3ステップで実装できてしまいます。

表示されている指示に従い、情報を入力していきます。

01サイト名

ここで入力したサイト名が、後でローカルドメインとして利用されます。

02環境

phpのバージョン、サーバー、MySQLのバージョンをそれぞれ自由に選択可能です。
この辺りを手軽に設定できるのが素晴らしいですね。

03ユーザ情報

WordPressのユーザー情報です。いつもどおりで構いません。

以上です!
たったこれだけでokです!

しかも構築後でもphpのバージョンとサーバーは変更可能なのです。
素晴らしい。。。

構築が完了すると以下のような画面が表示されます。

「VIEW SITE」ボタンを押すとブラウザ上でサイトが表示され、
「ADMIN」ボタンを押すと管理画面に入れます。

「Local by Flywheel」では、デフォルトだと以下にWordPressが設置されるので、
こちらのファイルを編集することで自由にカスタマイズできます。

C:\Users\ユーザー名\Local Sites\サイト名\app\public”

最後に

どうでしょう。非常に簡単に構築ができて、とても便利ではないでしょうか。
ローカル環境で様々な動作テストやカスタマイズなどができるので、重宝しています。

優れた点は多くあるのですが、単純に動作がかなりサクサク。
これがかなり大きいです。

知らなかった方はぜひ使ってみてください。
手放せないツールになること間違いなしです。

それでは。

WRITERこの記事を書いた人

米田

米田

大阪オフィスで、フロントエンドを担当しています。

大阪オフィスで、フロントエンドを担当しています。

Genius Web in Japan コーポレートサイト

FREE DOWNLOAD

顧客獲得に成功した24社の成功事例を1冊にまとめました。
顧客獲得にお困りの方も、そうでない方も、一度お読みいただくことをお勧めします。

MORE VIEW