2019.04.24 Wed

ドメイン名の種類を知って、より分かりやすいURLへ【トップレベルドメイン編】

こんにちは。ジーニアスウェブの藤井です。
普段使っているサイトのURL。そこに使われる「ドメイン」の種類はいくつご存知ですか?
代表的な「.com」「.net」の他にも、色々使えるドメインをご紹介していきます。
サイトに必須になるものなので、自分の好きなものを選びたいですね!

ドメインとは?


ドメインは、そのサイトの「住所」を表します。
ドメインがなければ、サイトを公開・表示することはできません。
また、ドメインはメールの@以降にも使用することができます。

※ドメインの簡単な説明に関しては、以下の記事もご参考ください。
予備知識ゼロ、読んで基礎を知るIT「ドメイン編」

ドメインは.(ドット)で区切られており、一番右から、
トップレベルドメイン、セカンドレベルドメイン、サードレベルドメインと呼びます。
サードレベルドメインの部分が、自分の好きな文字列を選ぶことができます。
弊社であれば「genius-web」の文字列が該当します。

今回はトップレベルドメインの種類について説明します。

gTLD(ジェネリックトップドメイン)

gTLDとは、ジェネリックトップドメインの略になります。
利用者の居住国に関係なく、誰でも、どこからでも取得利用できるものを指します。

gTLDには、代表的な「com」「net」があります。これはよく見かけますね。
他には、商業利用目的(ジビネス)などの「biz」、博物館や美術館の「museum」があります。
今でもgTLDは増え続けており、「tokyo」「nagoya」「osaka」など、地域名称ドメインも利用できるようになりました。

よく使われている「com」や「net」は認知度も高く、覚えやすいメリットがありますが、その分競争率も高く、サードレベルドメイン(希望の文字列)が他と被っていると取得できません。

その点、「tokyo」などの地域名称ドメインは、まだ登録数も多くはないため、希望の文字列で登録できる可能性が高いメリットがあるといわれています。東京限定のお店などであれば、こちらのドメインも分かりやすいですね。

代表的なgTLD

  • com:企業や商用サービスを表すドメイン
  • net:主にネットワークサービスの提供者を表すドメイン
  • org:主に非営利団体を表すドメイン
  • biz:主にビジネスを表すドメイン
  • info:主に情報の提供者を表すドメイン

他にも、「asia(アジア太平洋向け)」や「mobi(携帯端末向け)」など、
サイトの用途に合わせてドメインを選ぶことができます。

ccTLD(カントリーコードトップドメイン)

ccTLDとは、カントリーコードトップドメインの略になります。
地域などの制限がない「gTLD」に対し、「ccTLD」は国や地域で割り当てられているドメインになります。世界中の国や地域を2文字で表記しています。

日本ではjapanの「jp」が該当します。
米国なら「us」、韓国なら「kr」のように表記します。

ccTLDの使用例

CAGLIARI EXCHANGE(中国):アパレルブランド
http://www.cagliari.com.cn/

NOMOS GLASHUTTE(ドイツ):時計メーカー・ブランド
https://nomos-glashuette.com/de

あまり他国のサイトを見る機会がないと、諸外国のドメインを見ることはないかもしれませんが、たまたま見つけると「ccTLD使ってるな」とドヤ顔することができます。

まとめ

ドメイン、と一言でいっても、国や地域、業態によって使えるドメインはたくさんあります。
今まで「.com」「.net」「.co.jp」で希望のドメインが取れない方は、他のトップレベルドメインもありますよ。あなたのビジネスにぴったり合うドメインを選んでくださいね。
それでは。

WRITERこの記事を書いた人

藤井

藤井

大阪オフィスからお客様のサポートを行います。 サーバー関連の業務なども従事しています。

大阪オフィスからお客様のサポートを行います。 サーバー関連の業務なども従事しています。

CATEGORY

Genius Web in Japan コーポレートサイト

FREE DOWNLOAD

顧客獲得に成功した24社の成功事例を1冊にまとめました。
顧客獲得にお困りの方も、そうでない方も、一度お読みいただくことをお勧めします。

MORE VIEW

CATEGORY