PORTFOLIO

お客様の声

株式会社帝北石材 様

成果ですか?
ゼロだった問い合わせが一気に30件になりました。

40年間で作った墓石は3,500基という実績を持つ、北海道札幌市に拠点を置く株式会社帝北石材様。
依頼している経緯と効果について詳しく聞きました。

帝北石材について

一生に一度、あるかないかと言われるお墓づくり。
その大切なお墓を作り続けて40年以上になる。
札幌市平和霊園では、数ある墓石会社の中で12年連続で一番多くのお墓を建て、展示会には年間来場者数588組を記録するなど市民にも厚い信頼を得ている。
また、すべてのお墓で特許工法であるお墓の免震工法や10年保証など「安心できるお墓づくり」を実現。
現在、「お墓ディレクター※」は5名在籍している。

※「お墓ディレクター」
生活者に対してお墓の正しい知識を伝え、適切なサポートができる人でなければならず、認定検定試験に合格し登録した者のみが名乗ることができる。

そのホームページからの問い合わせはまったくなかった。

  • - これまでホームページは持っていましたか?

    当社では10年ほど前からホームページを作っていました。
    石材会社としては北海道ではおそらく2番目のホームページだったかなと記憶しています。
    でも残念ながら、以前のホームページからは問い合わせはまったくありませんでした。

    - 反応がない原因はどこにあったのでしょうか?

    反応を求めるぺージではなかったんです。
    つまり、ホームページを見たお客さんが資料を請求したり問い合わせをするといったアクションを起こしやすいものではなかったんですね。
    うちの会社では何をしているかをただ知ってもらうためのホームページだったわけです。
    それでもなんとか反応が欲しくて、3回位リニューアルしました。
    リニューアルを繰り返して半年位でやっと少し反応が出始めてきました。
    今から5年くらい前のことですね。

    - 以前のホームページでは、GoogleやYahoo!といった検索エンジン対策はされていたようですか?

    はい、検索では「札幌 墓石」の複合キーワードで1位表示されていました。
    ですが、それでも問い合わせはありませんでしたね。
    墓石店は札幌で50社・道内で500社ほどあるのですが、検索されて1位に表示されていても問い合わせは増えるわけではないんですね。

  • 左:営業部課長 小川 利之氏
    右:営業部 課長 吉澤 顕 氏

ジーニアスウェブを選んだ理由

  • - そこで、ホームページからの問い合わせを増やそうと模索していたわけですね。
    では、ジーニアスウェブのことはどのようにして知りましたか?

    私は、全国規模で行われている墓石会社の勉強会に参加しているのですが、そこでジーニアスウェブのセミナーに参加したことがきっかけでした。
    2年位前でしょうか、確か「24時間以内に新規客を獲得する方法」というセミナーだったと思うのですが、とても興味深そうなタイトルだったので大阪まで聞きに行きました。

    - そこで、セミナーの話を聞いてすぐにHP制作会社を変えようと思った?

    いえ。
    話を聞いた時にすぐに変えようと思いませんでした。
    その時に考えたことは、当時のホームページを作ってもらった会社に、私がセミナーで学んだ事を実践してもらって、問い合わせや売上を伸ばせないだろうかということでした。

    実際、私が小園さん(ジーニアスウェブ)のセミナーで学んだ事を、地元のホームページ制作会社にやってもらうとそこそこ成果が上がってきたんです。
    「おっ!」と思いましたね。
    そこで、少し手直しするだけで成果が出るのであれば、最初から作ってもらったら、もっと良い成果に繋がるのではないかと思いました。

    - そしてすぐに依頼したというわけですね?

    いえ、まだです(笑)。
    結構、慎重なんですよね。
    ジーニアスウェブのことは、先にジーニアスウェブでホームページを制作していた同業者二人から聞いていました。
    例の墓石店の勉強会の仲間です。
    「すごくいいよ」「早くやりなよ」と勧められていました。
    でもまだ決めかねていた。
    警戒とか不安があったんですよね。
    札幌と大阪では距離がありますし。

    それでも、やれば成果が出るということはすでに持ち帰ったノウハウの実践でわかっていましたから、まずはランディングページを作ってもらいました。
    これはつまり、広告を出して「見込み客」を集めるためのサイトです。

    もちろんすぐに反応があったわけではありません。
    ですが、小園さんは反応を上げるためにどう対策していったらいいのかを真剣に考えてくれる。
    あれこれと持っている玉を全部出してくれるっていうんでしょうか。
    そうしているうちにだんだんと反応があがってきました。
    半年で30件です。
    これまではゼロだったのに30件の問い合わせが来るようになった。
    それはうれしいですよ。

  • どうやったら問い合わせを増やせるか常に考えていました。

札幌-大阪、距離は気にならなかったか?

  • - そのときは他のHP制作会社と比較はしませんでしたか?

    しませんでしたね。
    セミナーのお話を聴いて、ランディングページを試しに作ってもらったときにやりとりしていく中で、気付いたら、ホームページ全体のリニューアルについてもジーニアスウェブに依頼することしか考えていなかった。
    やはり、ノウハウがあり、定期的に、そうですね、月に3度、4度とアドバイスをもらえるというのが大きいですね。

    - 大阪という離れた地域の会社にホームページを作ってもらうことに不安はありませんでしたか?

    やはりありますよ。
    同じ札幌市内の制作会社だと何かあったらすぐに来てもらえるという安心感がありました。
    ですが、実際に依頼してみてわかったのは、スカイプで受けるコンサルが非常に近いということです。
    スカイプにはビデオ通話機能があるのですが、それを使って話すとすぐ隣にいてコンサルを受けているかのような気がします。

    そのスカイプを使って、多い時は月に4回とかコンサルを受けます。
    もちろん通常の料金以外には一切かかりません。
    そうやってコンサルを受けて、改善していくうちに、さらに問い合わせや成約も増えてきました。
    だから、今では不安はまったくありません。
    距離は関係ありませんね。
    今の目標は、問い合わせの数を現在の3倍、つまり半年で100件です。

    - 小園さんにお聞きします。
    ホームページを使ってインターネット上で問い合わせや成約をいただくというのは、競合するライバル企業、ライバルサイトとの戦いだと思います。
    すぐに成果が出ない時もあると思うのですが、そんなときの対応はどのようにされたのですか?

    他の地域で成功した方法が札幌ではなかなかうまくいかないということが、実際にありました。
    札幌のお客様はシビアですね。
    じっくりと観察し、よく調べてから申し込みをする。
    だから、成果がなかなか出ないときは、とにかくデータを集めます。
    電話による問い合わせの数がどれだけ増えたのか、ホームページの閲覧時間はどれくらいなのか、どんな検索キーワードで探されているのかといったデータです。
    それらをスカイプを使って佐藤さんと一緒に考えていきます。
    うちはホームページを制作するだけの会社じゃありません。
    売上をあげるためのコンサルも行っています。
    だから、うちが持っているものを出し惜しみせずに全部出します。

  • 取材日当日もデータを分析
    左はジーニアスウェブの小園氏

ジーニアスウェブに期待することは何ですか?

  • - 佐藤社長にお聞きします。
    ジーニアスウェブにしてよかったと思う点を3つ挙げていただけますか。

    一つ目は、定期的に相談できるということです。
    二つ目は、社長が勉強家で最新のノウハウに通じている。
    そして最後に、社長の考え方が好き、という点ですね。

    - 今後ジーニアスウェブに望むことはありますか。

    毎月来てアドバイスしてもらいたいですね(笑)

    - 小園さんから一言お願いします。

    自分の会社の強みは意外とわからないものです。
    そこをコンサルすることによりお伝えすることができます。
    「第三者じゃないとわからない部分を探して伝える」というのが僕の役目だと思っています。

  • 左:小川 利之 氏 中央:佐藤 治 氏 右:吉澤 顕 氏

インタビューの続きは、成功事例集をご覧ください。

FREE DOWNLOAD

無料ダウンロード

顧客獲得の成功事例集(24社104ページ・PDF形式)を無料で配布しております。
右のボタンからページに進み、フォーム送信後の返信メールに記載されたダウンロードURLより観覧・ダウンロードをしていただけます。