PORTFOLIO

お客様の声

田村税理士事務所 様

次々に出てくる集客提案への驚きがありました。

山口県周南市の田村税理士事務所 所長、田村 滋規 氏に、
ジーニアスウェブに集客支援を依頼した経緯とその導入効果について詳しく聞きました。

田村税理士事務所について

田村税理士事務所は山口県周南市(人口15万人)の税理士事務所。昭和49年に田村所長のお父様が事務所を設立。
田村氏は二代目として平成10年に所長に就任。
現在は正社員7名、パート従業員3名。
顧問先は周南を中心とする山口県全域に約130社あり(※個人事業主含む)。
田村氏によれば事務所の規模は「周南市で5番目ぐらい」とのこと。

ホームページ制作、PPC広告から看板提案まで、幅広い業務をジーニアスウェブに依頼

  • - ジーニアスウェブにどんな業務を依頼していますか。

    ジーニアスウェブには、ネットやホームページに限らず、集客施策全般の支援を依頼しています。
    最初はホームページ制作とPPC広告の企画・出稿・管理だけを依頼していましたが、現在は、ネット集客だけでなくセミナーや地元媒体への広告出稿など「集客に関する全て」についてアドバイスをもらっています。

    最近は、小園さんの勧めで、交通量の多い場所に看板を立てました。
    まさかホームページ制作会社に看板を勧められるとは思ってもみませんでしたが。

従来は地縁、業縁だけで集客していた

- 以前は、集客はどのように行っていたのですか。

以前は、地縁、業縁、ライオンズクラブで、金融機関からの紹介などを通じて顧問先を獲得していました。
今まで集客で危機感を感じたことはありません。
しかし、今まではそれで良かったものの、将来のことを考えると、地縁・業縁だけに頼りきりの、ただボーッと待っているだけの営業では、少し心もとない感がありました。
これは何か新しいことを始めた方が良いかなと。

また周南のような地方都市では、競合の税理士事務所は広告やマーケティングにほとんど関心を持っていません。
この競争環境なら、少し努力するだけで大きな差別化につながるかもしれないとも思いました。
まず最初は「事例広告」から始めてみることにしました。

最初、事例広告に関心を持つ

  • - 事例広告とは何ですか。

    事例広告とは、顧客の声のロングバージョンです。
    顧問先にインタビューして、写真を撮り、それらを記事にまとめて、ホームページ上に掲載します。
    実際の顧問先が、顔出しして自分の言葉で田村税理士事務所の良さを語るのなら、それは説得力がありそうだと思えました。
    さっそく東京にある事例広告の専門制作会社、カスタマワイズに連絡して、まずは3本の事例広告を作りました。

    しかし、事例広告を作るのは良いのですが、それの掲載場所となるホームページは平成11年にとりあえず作っただけのもので、やや見劣りしました。
    さてどうしたものかと思っていたときに、事例広告の制作会社から紹介されたのがジーニアスウェブです。
    まずは一度、小園さんに会ってみることにしました。

小園への印象の提案

- 小園の印象はいかがでしたか。

この人に頼んだら、ひと味違うことをやってくれそうだなと思えました。

私は、基本的には「何か新しいことをやりたい」「人のやらないことをやりたい」という性分で、若い頃から勉強会などあれば、とりあえず出席し、面白そうなことは何でも試していました。

小園さんとなら新しいことができそうです。
費用も妥当だったので、まずは依頼してみることにしました。

そして2012年に新しいホームページが完成しました。

次々に出てくる集客提案への驚き

- 完成したホームページを見てどんな感想を持ちましたか。

ホームページの方はさすが専門会社だけあって、期待通りのきちんとした仕事だなと思いました。

しかし驚いたのは、その後、小園さんから次々に新しい集客アイディアが出てきたことです。

-「小園から新しいアイディアが次々に出てきた」とは具体的には。

小園さんには「田村さん、地方の地域密着ビジネスは、ネットだけでなくリアル媒体を使わなきゃダメですよ。まずは○○○○に広告を出してください」と言われました。

この○○○○が何なのかは企業秘密なので書けませんが、「え、そんな地味なところでいいの!?」という、非常に意外な媒体でした。

そして試しに広告を出してみたところ、あったんですね、反響が。驚きました。

その後も色々なアドバイスを受け続け、ついには看板を出すことまで推薦されてきました。
いまの私の事業分野、集客構想、顧客層を考えて逆算すると、野立て看板が良いのだそうです。
これはもう信じて出すことにしました。

各種施策の導入効果

  • - 各種施策の集客効果はいかがですか。

    現在、無料相談の申し込みが月に5件程度あります。
    この無料相談を丁寧にこなすことで、成約にも確実につながっており、ジーニアスウェブに支払った費用はすでに回収できています。

    ホームページ、PPC広告、○○○○への広告、事例広告、野立て看板……。
    これら各種施策が総合的に効果を発揮して、「月間5件の無料相談」につながっているのだと思います。

    思えば集客やマーケティングについては、これまでいろいろ手を出して、ほとんどが失敗に終わっていました。

    地元のホームページ制作業者にランディングページを作ってもらい、自分のセミナービデオを売るという試みをしたことがあります。
    この時も反響ゼロに終わりましたし。

    しかし今回は当たりでしたね。
    数字として結果が出ていますからね。

    ここでお話ししている以外にも、いろいろな集客施策に取り組んでいます。
    いずれも地味だったり、時間がかかったり、面倒くさかったりする施策です。
    これら施策が競合にバレたとしても、おそらく面倒くさくてマネする気になれないでしょう。
    小園さんからは「たぶん地元の競合はもう田村さんには追いつけないでしょう」と言われています。

先輩ユーザーとしてのアドバイス

- ジーニアスウェブの起用を考えている中小企業経営者に向けて先輩ユーザーとしてのアドバイスなどあればお聞かせください。

もしホームページを新規顧客の開拓を目的に作るのなら、地元の制作会社だけでなく、東京や大阪の会社も検討した方が良いと思います。

もちろんホームページ制作は地元にもたくさんいます。
ただ単にキレイなホームページを作りたいというだけなら、大阪のジーニアスウェブに依頼する必要はありません。
値段は、地元の業者の方がジーニアスウェブより遙かに安いですし。
しかし、ホームページを作った後の「新規顧客の開拓」について、的確な企画、アドバイス、実行支援を求めるとなると、私の知るかぎりでは、地元の山口県内には、そういう会社はちょっと見当たりません。

今回、視野を広げて、東京の事例広告の会社、大阪のホームページ制作会社に仕事を依頼して良かったと思います。

田村税理士事務所はこれから周南地区のダントツ税理士事務所になりたいと思っています。
小園さん、ジーニアスウェブのスタッフのみなさん、引き続きよろしくお願いします。

インタビューの続きは、成功事例集をご覧ください。

FREE DOWNLOAD

無料ダウンロード

顧客獲得の成功事例集(24社104ページ・PDF形式)を無料で配布しております。
右のボタンからページに進み、フォーム送信後の返信メールに記載されたダウンロードURLより観覧・ダウンロードをしていただけます。