PORTFOLIO

お客様の声

株式会社ミヤザキ 様

新規顧客の9割はネット経由です。
今、さばききれないほど注文が来ます。

埼玉県 日高市 「ミヤザキ」 入佐 良幸氏、山之上 道信氏に、ジーニアスウェブにホームページと集客支援を依頼した経緯とその導入効果について詳しく聞きました。

株式会社ミヤザキについて

ミヤザキは樹脂部品の製造会社です。
創業は1973年、社員は103名。
社名のミヤザキは創業社長、山之上氏の出身地である宮崎県にちなんだもので、埼玉県日高市の本社の他、宮崎県に3工場を所有しています。

樹脂部品を多品種少量で注文製造

- ミヤザキの事業内容を教えてください。

ミヤザキは、樹脂部品の注文生産を行う会社です。
樹脂部品の場合、注文が来るのは「試作用」、「少量生産用」、「ノウハウが重要になる中核部で使うもの」なので、業態は「多品種少量生産」となります。
一個からでも注文に応じています。

問い合わせ9倍、受注7倍

- ミヤザキは、ジーニアスウェブにどんな業務を依頼していますか。

ジーニアスウェブにはホームページの制作(リニューアル)、更新、そしてYahooやGoogleのPPC広告の企画、出稿、管理を依頼しています。
リニューアルを依頼したのは2008年に続き、今年(2014年)が2回目です。
今回の効果は絶大でした。
リニューアルの前後を比較すると、月間の「問い合わせ・お見積り件数」は従来の7倍~9倍、「受注まで至った件数」は6倍~7倍と、大きく伸びています。
ここまでの増大は予測していませんでした。
現在は品質を保つために、新規受注を抑制しているほどです。
今は新規集客のほぼすべてがネット経由で、待っているだけで問い合わせが入ります。
昔の、いつ来るとも知れない紹介をじっと待っていたり、やみくもに飛び込み営業をしていた頃のことを思うと、この状況は夢のようです。

腰を据え、本格的にホームページを改善

- 2008年の第一次リニューアルと、絶大な効果を発揮した今回の第二次リニューアルの違いは何だったのでしょうか。

一次リニューアルは、ホームページの制作と更新だけの、あっさりコースでしたが、今回の二次リニューアルは、それに「PPC広告の企画、出稿、管理」も加えた、がっつりコースです(※)。

やはり、がっつり改善した方が集客効果が高かったわけです。

※ 文中の「あっさりコース」「がっつりコース」の正式名称は、それぞれ、依頼した内容の更新を行う「ホームページ管理コース」と、インターネット広告の運用管理からご提案まで行う「PPC管理コース」となります。
その他、弊社代表の小園がお伺いし、お悩みを改善する「コンサルティングコース」もサービス提供しています。

最初は手作りホームページでも反応があった

- 根本から質問していくことにします。
「ミヤザキ」が最初にホームページを作ったのはいつ頃、どんな経緯でですか。

最初のホームページは2001年に作りました。
作った動機は、「まあ、ホームページぐらい、あった方がいいんだろうね」という軽いノリです。

個人事業主の知り合いに頼んで作ってもらった、ごく簡単な会社案内程度のホームページでしたが、それでも「ネットで見たから」という形で問合せが来ました。
今思えば、当時、樹脂加工でホームページを持っている会社もほとんどなく、先行者利益があったのでしょう。

ただ、この頃はネット経由の集客は、あくまでサブ、傍流であり、メインは半導体業界向けの仕事でした。
ところがこの事業が2001年に大打撃を受け、会社全体の売上げも前年の三分の一に激減、その年は死ぬかと思いました。

売上げ1/3の危機から学んだこと

- なぜ売上げが打撃を受けたのでしょうか。

半導体は、大量に作らないとライバルとの競争に勝てないが、かといって作りすぎても今度は値崩れを招くという、「舵取りの難しい製品」です。
2001年の日本の半導体業界は、蓄積していた矛盾が一気に噴出したのか、業界全体の出荷量、売上げが激減する事態に見舞われ、その煽りで「ミヤザキ」の売上げも1/3になったのです。

その年は、目先の売上げを確保するため、ニーズがありそうな会社や工場に片っ端から電話するなど、なりふりかまわず営業しました。

しかし100件電話しても、とりあえず話を聞いてくれるのが2~3件、何とか商談にこぎつけても、常に安値納入を強いられる……、つらい営業でした。

この苦しい経験を通じて、やっぱりネット経由の問合せはいいなと改めて痛感しました。

ネット問合せの方が営業効率が良い

- なぜネットは良いと思ったのですか。

こっちから飛び込み営業していると、相手のニーズとタイミングが合いません。
ほとんどは「今必要ない」と断られますし、商談になったとしても、こちらから声をかけている弱みで、「じゃあ、どれだけ安くしてくれるの」と足もとを見られます。

でもネットの場合は、相手に何らかの関心やニーズがあるから問合せしてくるわけで、商談も対等の立場で進められますし、変に足もとを見られることもありません。

そういうことを実感したので、やっぱり飛び込みじゃダメだ、これからはネットだ、ホームページ、もっと改善した方がいいなとは思いましたが、しかし具体的にどうして良いかが分からず、そのまま時だけが過ぎ、結局、リニューアルをしたのは、2008年に、弊社の社長とジーニアスウェブの小園さんが出会うまで待つことになりました。

インタビューの続きは、成功事例集をご覧ください。

FREE DOWNLOAD

無料ダウンロード

顧客獲得の成功事例集(24社104ページ・PDF形式)を無料で配布しております。
右のボタンからページに進み、フォーム送信後の返信メールに記載されたダウンロードURLより観覧・ダウンロードをしていただけます。