INTERVIEW

お客様の声

株式会社マルキン家具 様

例年売れない11月、楽天ショップの売上が過去最高額を達成。次は店のブランド化に取り組みます。

楽天ショップの売上増、自社サイトの構築、という2つの課題をクリアするため、ジーニアスウェブにwebマーケティングのコンサルティングを依頼しました。どのような変化があったのか、具体的に聞きました。

株式会社マルキン家具について

マルキン家具は、大阪日本橋にあるインテリアショップです。昭和10年の創業で、戦後間もない時期から現地で営業しています。

近年、価格訴求型の大型量販店が急伸したことをきっかけに、低価格帯の商品を減らし、日本の伝統文化を引き継いだモノや、自然素材を活かした家具、子育て世代へ向けたインテリアおよび生活雑貨を独自の視点で品揃えし、情報発信型の店作りに取り組んでいます。

ジーニアスウェブとの契約内容

- マルキン家具は、ジーニアスウェブに何を依頼してますか?

マルキン家具は、ジーニアスウェブの小園社長とwebマーケティングのコンサルティング契約を結んでいます。契約を結んだのは2010年1月です。以来、毎月2回、ジーニアスウェブの本社で、小園さんからwebマーケティングのノウハウを教えてもらっています。


- マルキン家具におけるwebサイトの運用状況を教えて下さい。

弊社は楽天を中心に、web上での販売を行なっています。
2003年頃 自社ホームページを立ち上げ、2005年ごろに楽天市場に出店しました。楽天ショップにおける販売は好調に推移し、現在では収益の柱へと成長しています。

ジーニアスウェブにコンサルティングを依頼した目的

- 楽天での売上が好調に推移する中、小園社長にコンサルティングを依頼した目的は何ですか?

目的は2つあります。

  •   (1) 自社サイトの構築
  •   (2) ネット販売の売上増

    • (1)自社サイトの構築
      私は、何の制約もなく、自由にできる自社サイトを持ちたいと考えていました。
      理由は、新規出店における売上増が見込めることに加え、現在、全体の売り上げに占める楽天モールの割合が大きくなり、リスクヘッジをしておく必要が出てきたことが理由です。
      また、楽天市場店では 粗利の低さ、顧客とのリレーションシップの問題もあります。

      自社サイトを立てて、ネット上における収益の核をもう一本確保したい。それが、小園さんにコンサルティングを依頼した最大の目的です。

      (2)ネット販売の売上増
      出店以来、順調に売上を伸ばしてきた楽天ショップですが、一定の売上に達して以降、売上の伸び率が小さくなりました。微増だが一定レベルを超えられず停滞している状況が続きました。その状況を打破して、もう1段階上の水準まで売上を上げる。それが2つ目の目的です。

      自社サイトの構築をはかりながら楽天ショップでの売上の壁(これをa点とします)を乗り越え、理想の状態に近づけていく。これが、ここまで小園さんと一緒に取り組んできたことのアウトラインです。

      その後ボランタリーチェーンという仕組みを使って、全国的な代理店制度も始めました。これは「ココスタイルがネットを使って集めた問合せを、全国各地の代理店に転送(送客)し、実際のサービス提供は代理店が行う」という仕組みです。

      代理店制度を始めたことで、ココスタイルの集客の「責任」はさらに高まりました。十分な送客ができないようでは代理店にそっぽを向かれますから。

インタビューの続きは、成功事例集をご覧ください。

FREE DOWNLOAD

無料ダウンロード

顧客獲得の成功事例集(24社104ページ・PDF形式)を無料で配布しております。
右のボタンからページに進み、フォーム送信後の返信メールに記載されたダウンロードURLより観覧・ダウンロードをしていただけます。