INTERVIEW

お客様の声

社団法人全日本任意売却支援協会 様

走りながら考えましょう、という アドバイスのおかげで一歩前に踏み出せ、 早く軌道に乗れました。

代表・安田裕次氏とマーケティングマネージャー・堀裕美子氏に、コンサルティングの成果とジーニアスウェブへの評価を詳しく聞きました。

社団法人全日本任意売却支援協会について

社団法人全日本任意売却支援協会は、全国の不動産会社を対象に、不動産関連のノウハウを提供するコンサルティングビジネスです。
会員制をベースに、教材パッケージ(dvd+テキスト教材)の提供と、電話相談を中心としたコンサルティングを行なっています。

社団法人全日本任意売却支援協会の事業経緯

- 社団法人全日本任意売却支援協会の立ち上げ準備から、現在(2010年12月初旬)までの事業経緯を教えて下さい。

私はもともとb to cのビジネスとして、個人を対象とした不動産ビジネスを行なってきました。その中で、全国の不動産会社から沢山の相談を受けるようになり、b to bのビジネスである社団法人全日本任意売却支援協会をスタートさせました。

2008年の11月ごろからビジネスモデルを構築し、本格的なサービス提供を開始したのは2009年11月です。以来、1年が経過し、ビジネスは好調に推移しています。
現在までの事業経緯を以下に示します。

2008年12月 b to bビジネスの構想
→小園にコンサルティングを依頼・契約
ビジネスモデルの構築
・会員制度の構築
・教材パッケージの企画・制作
・値決め
・集客システムの構築 など
2009年6月 会員集め開始
セミナー開催
<集客システム>
・fax dm
・ppc広告(セミナーページへの誘導)
7月 初めての入会申し込み(2社)
9月 教材パッケージ完成
10月 サービス本格稼動
・パッケージ発送
・会員集めも本格化→セミナー全国8箇所開催
2010年11月 サービス開始から2年目を迎え、会員企業も順調に更新

ジーニアスウェブの小園がマーケティングコンサルティングとして関与

- 社団法人全日本任意売却支援協会にジーニアスウェブはどのように関与しているのですか?

当社は社団法人全日本任意売却支援協会の構想段階の2008年12月に、ジーニアスウェブの小園さんに対し、webマーケティングのコンサルティングを依頼しました。しかし、実際にはwebにとどまらずビジネスモデルの構築、教材の制作、集客までマーケティング全般に対するアドバイスを受けています。

- 上記のプロセスの中で、小園はどのような役割を果たしましたか?

コンサルティングの基本的な内容は、現状分析、課題の抽出・設定、制作物の添削です。これまで大まかに2つのプロセスがありましたが、これをベースに、それぞれ次のように進んできました。

(1)ビジネスモデルの構築段階(2008年12月~2009年6月)
ビジネスモデルの構築段階では、会員制度やノウハウの提供方法の吟味に時間をかけました。基本的には、私自身が考えたアイデアをたたき台として、小園さんのアドバイスを受け、修正を繰り返すという作業でした。
会員制度とパッケージ内容、料金が固まった後は、会員集めのマーケティング手法を固めていきました。その中で、マーケティングの実務を担当する堀もコンサルティングに加わり、faxdmやセミナー開催のページ、ニュースレターなどの制作ノウハウ、ppc広告などを使ったプロモーション手法を学びました。

(2)会員集め開始以降(2009年6月~現在)
会員集めをスタートした2009年の6月以降は、フォーマットに基づいた成果報告を毎回行なっています。成果というのは、問合せや資料請求、セミナー申し込み、入会申し込みなどの数字です。これらの数字をもとに、質疑応答により、なぜそのような結果に繋がったのか要因を探り、課題を抽出します。また、webサイトやニュースレター、教材など制作物の添削もしてもらいます。
そして、抽出した課題や、制作物の添削結果をもとに、いつまでに何をやるかを決めます。それを持ち帰って制作やマーケティング施策を実施します。そして、次回以降のコンサルティング時にその成果を報告し、さらにブラッシュアップしていく、というのがおおまかな流れです。

インタビューの続きは、成功事例集をご覧ください。

FREE DOWNLOAD

無料ダウンロード

顧客獲得の成功事例集(24社104ページ・PDF形式)を無料で配布しております。
右のボタンからページに進み、フォーム送信後の返信メールに記載されたダウンロードURLより観覧・ダウンロードをしていただけます。