PORTFOLIO

お客様の声

株式会社フラットコード 様

今は月1回のセミナーに安定して20〜30名の集客ができています。しかも7割くらいが新規の方です。

2011年8月に設立されたばかりの株式会社フラットコ-ド。サラリーマンから独立して会社を立ち上げるまでに3年間、ジーニアスウェブのコンサルティングを受けて何を学んだのか、阿部社長にお話を伺いました。

株式会社フラットコードについて

株式会社フラットコードは東京都品川区に事務所があります。企業のWebサイトに関するツールの制作・運営のサポート、セミナーの企画運営及びコンサルティングを行っています。

独立から現在までの経緯 -会社設立には思い切りも大事です

- 独立から現在までの経緯を教えていただけますか?

もともとは一般企業の中で社内WEBサイトの企画、運用を中心とした仕事をやっていました。でも前々からあるタイミングになったら自分でWEBサイトの制作やそれに関連したコンサルティングをやりたいなと思うようになって、5年前に思い切って独立しました。会社勤めでは出来ないお客様に満足のいくようなサービスと、自分ならではの価値を提供したいと考えていたからです。 でも独立当時はホームページ制作の仕事でお客様は1件だけという状態だったんです。
そういう意味では本当に見切り発車という感じでした。やはりサラリーマンと違って自営となると人脈というか人のネットーワークを一から構築していくことに苦労しました。
色々な交流会に参加したり、勉強会やセミナーに積極的に出たりということをやりました。


- そしてついに5年後に会社を設立されたのですね?

5年もやっていると、人との関わりとかそれに付随した営業チャンスも徐々に増えてきました。売上もちょっと上がったこのタイミングで思い切って法人化に踏み切りました。この思い切りが結構大事だと思います。 もうひとつは、今回の東日本大地震があったこともあり、改めてここで自社の価値を日本の復興に対してインターネットを使って貢献することに見い出せるのではないかと。ここが覚悟のしどころだと思いました。 そういう意味では売上というよりも機運みたいなものが前面に出たということです。


- 自社の価値というのは具体的には?

WEB制作とコンサルをセットで提供できることが一つ。もう一つこれが実は大きいのですが、一般の企業で自社のWEBサイトの企画、運用をやっていたことで、サイトを運営する側の立場からものを見られるというのはなかなか無いかなと思っています。
元々WEBのデザイナー出身ですとか、ホームページ制作会社にいて独立されたという方は多いと思います。でも一般企業のWEBサイトの運営側にいて独立したという方にお会いするというのはここまでもあまりなかったんです。なので逆に運営側の視点に立ってサービスを提供できるというのが最大のポイントだと 思っています。

インタビューの続きは、成功事例集をご覧ください。

FREE DOWNLOAD

無料ダウンロード

顧客獲得の成功事例集(24社104ページ・PDF形式)を無料で配布しております。
右のボタンからページに進み、フォーム送信後の返信メールに記載されたダウンロードURLより観覧・ダウンロードをしていただけます。