PORTFOLIO

お客様の声

道頓堀ホテル 様

ジーニアスウェブが作ったホームページは、営業マン2人分の価値があります。

道頓堀ホテルは、サービスごとに切り分けて複数のホームページを運営しています。これまでの経緯とホームページの効果を詳しく聞いてきました。

道頓堀ホテルについて

道頓堀ホテルは、大阪市中央区難波駅から徒歩3分の立地にあるホテルです。収益の軸は宿泊事業と宴会事業の2つです。宿泊は、約70%が海外の個人客。一 方の、宴会事業は、世界大会3位に入賞した実績を持つ中華料理専門の料理長が作る料理と3時間の飲み放題付の4,000円コースが人気です。いずれの事業 も、お客様にとっての「あったら良いな」を徹底追求したサービスで、業績を伸ばしています。

ジーニアスウェブに新規制作と更新を依頼

- ジーニアスウェブへの依頼内容を教えて下さい。

(専務)私ども道頓堀ホテルは、1年前、ジーニアスウェブに、宿泊ホームページのコンサルティング、宴会ホームページの新規制作、両ホームページの管理更新を依頼しました。
宿泊ホームページのコンサルティングは、seo対策、説明文の表現、アイキャッチとなる写真のチョイスなどについてアドバイスをしてもらいました。宴会ホームページの新規作成も同時進行で行ないました。それらの作業は約3ヶ月ぐらいで完了し、現在もホームページの管理更新を依頼しています。

ホームページを宿泊と宴会に分けた理由

- 宿泊と宴会で、ホームページを分けたのは何故ですか?

(専務)宿泊と宴会では、客層が違うため、それぞれの客層に向けたホームページに分けた方が集客効果が上がると思ったからです。
きっかけは、私がたまたま出席した経営者向けの勉強会で、ジーニアスウェブの小園社長の講演を聞いたことでした。講演の内容は、「営業目的で作るホームページは、商品ごとに1つずつ作った方が効果的である」という内容でした。
当社に当てはめると、宿泊のお客様は、遠方から大阪に来る個人客で、宴会のお客様は、地元の企業や官公庁、学校などの団体客です。
このように提供する商品(サービス)ごとに客層が全く異なるため、ホームページを2つに分けて、それぞれのサイトの情報を充実させるという戦略は当社にも当てはまると思い、2つ作りました。そして、実際にその効果はありました。


- 具体的にはどのような効果があったのですか?

(常務)ジーニアスウェブが制作した宴会ホームページは、検索エンジンでの検索結果が上位に表示されるようになり、宴会の問い合わせが増えました。
現在、「なんば 宴会」で検索すると、単体のホームページでは、当社のホームページが一番上に表示されます。当社のホームページより上に来るのは、グルメ系のポータルサイトばかりです。
宴会ホームページを作る前は、宴会に関するメールでの問合せ(仮予約)は一ヶ月に一件あるかないかぐらいでしたが、現在は2~3日に一件は必ずあります。
また電話での問い合わせでも、「今ホームページを見ながら電話をかけています」と言ってかけてくるお客様が増えました。

ホームページは営業マン2人分の効果

- 宴会の集客は、ホームページを作る前はどのような方法で行なっていたのですか?

(常務)それまで宴会に関しては、営業マンが4人体制でチラシを持って売り込んでいました。1つのホームページに、宿泊と宴会両方の情報を掲載しており、8割は宿泊の情報が占めていました。私たちには「宴会は営業マンがチラシを持って売るものだ」という固定概念があったのです。
しかし、今は意識が変わりました。時代の変化も、要因かも知れませんが、ホームページは営業マン2人分の価値があると思っています。


- 時代の変化とは、どのような変化でしょうか?

(常務)1つは、当社がこれまでに営業をかけていた顧客側のガードが固くなり営業がやりにくくなったことがあります。もう1つは、スマートフォンの普及など、いつでもホームページが見られるインターネット環境が整ってきたことです。

あるグルメ系ポータルサイトの営業マンから聞いた話では、宴会利用者の85%が事前にホームページを見ているとのこと。当社のお客様は8割がリピーターですが、その多くがホームページを御覧になられていると思います。
その根拠は、リピーターが毎年増えているからです。現在、この業界は過当競争となっており、競合他社も必死です。幹事さんは無料にするとか様々なサービスをつけたりするため、リピーターの方が浮気することも当たり前のように起こります。そのため毎年15%から20%ぐらい目減りするのが通常ですが、当社では増えている。それは、当社のホームページを見て、当社が絶えず新しいサービスを開始していることを知っているからだと思います。ホームページはリピーター のロスを防ぐ役割を果たしています。


- それを示す具体的なエピソードをご紹介ください。

例えば、これまで5,000円の予算で宴会をしていたのが今後は4,000円の予算しか取れなくなった、という例が増えているのですが、そのようなお客様を逃さずに済んだということがありました。「道頓堀ホテルさんは、5,000円からしかないので次からは行けなくなったなと思っていたが、インターネットで調べたら、4,000円で道頓堀ホテルさんが出てきた」とのことで、5日連続でお昼60名、合計300人の宴会が取れたのです。他にも、リピー ターのお客様から「4,000円コース始めたみたいだね」という問合せをいただくことがよくあります。

これは、ホームページのタイトルに「4,000円から」と書いていることが功を奏しているのですが、これは小園社長に「タイトルに金額を書くように」とアドバイスされたことを忠実に実行した結果です。

インタビューの続きは、成功事例集をご覧ください。

FREE DOWNLOAD

無料ダウンロード

顧客獲得の成功事例集(24社104ページ・PDF形式)を無料で配布しております。
右のボタンからページに進み、フォーム送信後の返信メールに記載されたダウンロードURLより観覧・ダウンロードをしていただけます。