PORTFOLIO

お客様の声

アビリティーセンター株式会社 様

ジーニアスWebには、自社のWebマーケティング、Webシステム開発を、一括して依頼しています。

四国最大手の人材サービス企業、アビリティーセンター 情報戦略部部長 加藤士陽 氏、CRM・マーケティングチーム データニンジャ 藤原央樹 氏にジーニアスウェブに各種業務を依頼している経緯と効果について詳しく聞きました。

アビリティーセンター株式会社について

アビリティーセンターは四国全域を商圏とする総合人材サービス企業です。
主な事業は、人材派遣、転職支援、社員研修、採用支援など。
企業の「ひとについての課題」に総合的に対応します。

従業員数は130名、年商は42億円。
1986年の創業以来、年商を毎年、約1億円ずつ上積みし、成長してきました。

顧客は、「四国4県のすべての規模、すべての業種」の企業・団体です。

上場企業、銀行、自治体から従業員数名の小規模企業まですべてのお客様に対応いたします。
現在、総合人材サービス会社として四国最大手です。

Web集客、Webシステム開発を包括的に依頼

- アビリティーセンターはジーニアスウェブにどんな業務を依頼していますか。

ジーニアスウェブには、弊社のWeb集客業務を包括的に依頼しています。
概要は次のとおりです。

- 項目 内容 備考
(1) コーポレート
Webサイト

企画・制作・運用

-レスポンシブサイト
(2) 「四国転職ネット」
「四国派遣ネット」

企画・制作・運用

-システム開発も依頼(基幹システムと連携)
-レスポンシブサイト
(3) ランディングページ 企画・制作 「介護職募集」「○○募集」など特定企画の単発サイト
(4) リスティング広告 企画・管理・運用代行  
(5) 映像コンテンツ作成 企業イメージ動画 (動画)  
(6) コンサルティング 月次で必ず面談 1~2時間
(7) 顧客向けサイト制作 企画・制作・運用  

大きくは「Webに関することは、ぜんぶジーニアスウェブに頼む」というイメージです。

(2)の「四国転職ネット」「四国派遣ネット」は弊社の基幹サービスサイトです。
個人や企業が転職先、派遣先を検索して探すとき使います。

これらサイトでは、デザインの美麗さより、「さくさく安定して検索できる」「保守メンテがラク」という実用性が重要になります。

これを実現するシステム開発(プログラミング)についてもシステム会社ではなく、ジーニアスウェブに依頼しました。

(6)のコンサルティングについてですが、ジーニアスウェブとは「何もないときでもとにかく月に一度は会う」「時々の業務状況や課題を、とりあえず伝える」ことにしています。

ジーニアスウェブは引き出しの多い会社なので、ぼんやりとでも伝えておけば、「それ、ウチでできます」「こうすれば解決できます」と提案が出てきます。
今までそういうことが何度もありました。

(7)の「顧客向けサイト制作」について。
弊社は四国の企業から「採用サイトを作ってほしい」とよく依頼されます。
このときホームページ制作をジーニアスウェブに依頼するわけです。

つまりジーニアスウェブは「弊社業務の協力会社」「パートナー企業」でもあります。

ジーニアスウェブと取引を始めた経緯

- アビリティーセンターがジーニアスウェブに仕事を依頼するようになった経緯は?

ジーニアスウェブは、10年前、マーケティングの勉強会で代表の小園さんと出会って知りました。
熱心な人だと感じたので、コンサルティングを依頼することにしました。

ただ、最初から大きな仕事を出したわけではなく、言い方は恐縮ですが、「小さい仕事を頼みながら様子見」という時期がしばらく続きました。

しかし、ジーニアスウェブに頼んだ仕事は、どれも予想以上の成果が出ました。
ランディングページを頼めば、今まで以上の集客があるし、マーケティングオートメーション導入の相談を頼んだときも、経験に基づく的確な知見が提供された。

また、私や社内だけでなく、外部の第三者の評価も高かったのです。

制作した動画に、第三者から高い評価

- 外部の第三者の評価とは?

弊社の顧客である四国の企業・団体からの評価です。

たとえば、こんなことがありました。
四国のある団体から、「介護職募集の企画サイトを作ってほしい」と弊社に依頼があったので、いつものようにジーニアスウェブに協力を仰ぎました。

すると、完成したサイトの、特に動画の部分に対し、顧客から、「介護職の仕事をリアルにとらえており、すばらしい。
この動画は企画サイトで一時的に使うだけではもったいない。

自分たちのホームページでずっと使わせてほしい」と申し越しがあったのです。

こうしたケースがこれ以外にも何度かありました。
ジーニアスウェブがつくるサイトや動画には、第三者をも魅了する力があるということです。

そして数年前、基幹サービスサイトである「四国派遣ネット」のリニューアルプロジェクトが発生しました。
この際、ジーニアスウェブに全部依頼してもいいのかもしれないと思いましたが、それでも少しためらいがありました。

ジーニアスウェブに「大きな仕事」を頼んだ理由

- 何にためらったのでしょうか。

「四国派遣ネット」のホームページでは「基幹システムとのデータベース連携」というシステム開発が必要だったからです。

通常のサイト制作なら、すぐジーニアスウェブにまかせますが、しかしシステム開発が絡むとなると、本当に大丈夫かな、と。

しかし、システム開発の専門会社を含めてコンペを行った末に、結局はジーニアスウェブを選びました。
理由は次の5つです。

理由1.「アイディアがあった」
「四国派遣ネット」(および「四国転職ネット」)のようなWebサイトには、派遣社員や企業のデータベース(以下 DB)が内蔵されています。

従来は、そのDBへの新規入力、修正は、基幹システムとサイト側とで「同じ情報を2つのDBに別々に入力する」という方式でした。

つまり二度手間です。
入力間違いや情報の食い違いも頻繁に起きます。
この手間、ムダが大きな課題でした。

このことを定例コンサルティングでジーニアスウェブに伝えたところ、「一日一回、基幹システムからDB全体をWeb側にそっくり複製し、Web側はその複製DBを使うようにすればよい。

これならデータ修正は基幹システム側で一度やるだけですむ」と提案がありました。
なるほどと思える、合理的な提案でした。

理由2.「システム開発の体制があった」
懸念していたシステム開発力ですが、よく話を聞くと、ジーニアスウェブにはシステム開発の専門要員が複数人いることが分かりました。

それまで「大阪のWeb屋さん」だと思っていたのですが、すでに東京に営業拠点、宮崎に開発拠点を持ち、非常に組織的に運営している。

これなら任せられると感じました。

理由3.「自分たちにとってちょうど良い規模だった」
いま弊社は年商40億円ですが、実はこの規模は、システム開発の会社選定がけっこう難しい。
あまり小さい会社には頼めない。

かといって大手企業に頼むと、こちらが主導権を取れない。
大手IT企業は、年商数百億円から数千億円の大規模顧客が相手なので、弊社の規模は、それほど手厚く関わる対象ではない。

実際、過去に、大手に開発を依頼したところ、数年後に「中規模の人材派遣業界からは撤退すると決まりました」と一方的に手を切られたという、苦い経験もあります。

大企業には確かに信頼性がある。
しかし、実はリスクもある。
それを考えると、ジーニアスウェブの規模感は悪くないと感じました。

理由4.「一体感、熱意があった」
これも大企業との違いです。
大企業の社員はやはり「組織の一員」として動くんですね。
何かを進めるとき、どうしても自社の内情、上司の顔色をうかがってしまう。

でもジーニアスウェブでは、コンサルティングで話し合っている人が、そのまま現場担当者です。
彼らは常に熱意と一体感をもって仕事に取り組んでくれる。

なにか課題があったとき、「何とかしましょう」「私たちがやります」と言ってくれる。
この熱意は得がたい価値です。

理由5.「費用が合理的だった」
費用は重要です。
ジーニアスウェブの見積もり額は当然ながら、大規模なシステム会社のそれより安価なわけです。

アイディアを持った技術部門を備え、熱意と一体感があり、かつ費用も合理的。

以上を考慮した結果、「四国派遣ネット」のリニューアルはジーニアスウェブに一括依頼するのが最もよいと判断しました。

ジーニアスウェブへの評価

- Webリニューアルとシステム開発を終えての、ジーニアスウェブへの評価をお聞かせください。

新サイトは、データベース部分も含め、すべて順調に動作しています。
転記のムダも解決し、業務は確実に効率化されました。

今回、ジーニアスウェブからは、「Web基盤、システム基盤をすべてクラウド化(AWS化)しましょう」という提案もありました。
それが実現し、サイト管理の手間と費用が大きく削減されました。

ジーニアスウェブはスタッフの「コミュニケーション能力」も高かった。
今回の案件で、ジーニアスウェブのスタッフは、基幹システムを開発した別会社に、いろいろヒアリングしなければならなかった。

DB複製を実現するには、複製元のDBの仕様情報が必要だからです。
ただこれは、相手が面倒がって答えてくれないことも十分ありうる、めんどうなコミュニケーションです。

しかし、ジーニアスウェブのスタッフは、そういう泥臭い仕事もきちんとこなしてくれた。
私たちは「まかせきり」でOKでした。

アビリティーセンターは、今後も四国経済に貢献するべく、企業価値を高めていく所存です。
ジーニアスウェブにはそうした弊社の取り組みを優れた提案、技術、コンサルティングを通じて後方支援いただくことを希望します。

今後ともよろしくお願いします。

インタビューの続きは、成功事例集をご覧ください。

FREE DOWNLOAD

無料ダウンロード

顧客獲得の成功事例集(24社104ページ・PDF形式)を無料で配布しております。
右のボタンからページに進み、フォーム送信後の返信メールに記載されたダウンロードURLより観覧・ダウンロードをしていただけます。