採用支援

多くの中小企業が抱える経営問題の1つが「人材の確保・育成」です

現在どの業界においても、優秀な人材を確保することは難しいと言われています。

近年、有効求人倍率は上がったものの、優秀な人材は大手企業が取り合っており、中小企業にとっては大変苦しい状況は続いています。
また、大手求人サイトの掲載には大きな費用がかかるというのも問題です。
小〜中規模の企業にとって、そのような人材獲得コストはかけられないというのが現実です。

さらには深刻な少子化問題が背景となり、更なる求人の先細りが予想されます。

ミスマッチを引き起こす、多くの企業が抱える問題

弊社では「優秀な人材」よりも「最適な人材」の確保を重視して人材獲得支援活動に取り組んでおります。
最適な人材を「できるだけ安く」「できるだけ早く」獲得するにはどうすればいいか?
現状では以下の問題を抱えたまま採用活動を行い、候補者とのミスマッチを引き起こし、結果成長機会を失って行く企業が少なくありません。

FACTOR

ミスマッチを招く要因

ミスマッチを招く要因

採用方針が一貫していない

「採用方針が一貫していない」のは、「何となく良い人材が欲しい」といったような曖昧な認識から起こります。
この場合必ずと言っていいほど、ミスマッチは起こります。
まずは、自社でどのような人材が不足しているかを徹底的に調査することが必要です。

優良な会社情報、仕事情報だけを候補者に話している

優良な会社情報、仕事情報だけを候補者に発信していれば、当然採用のハードルは低くなります。
ハードルを低くすれば、様々な人が応募します。
そのような採用だと、ミスマッチが起こることが多くなりがちです。
せっかく獲得した人材がミスマッチによって退社するというケースも少なくありません。

採用支援の2ステップ

御社の仕事内容を分解して分析を行い、プロセス単位で必要な人材を明確にします。
会社に最適な人材を、ハードルのコントロール・改善によって、小予算で獲得出来るような取り組みを行います。

1. 自社求人サイトの企画・制作・運用

多くの企業は求人ポータルサイトに広告出稿し、求人を行っています。
これは非常に有効でこの手法を否定するものではありません。
しかしながら、「費用が膨らんでしまうこと」や「多くの企業と比較されてしまうこと」で結局人材が獲得出来なかったということが懸念されます。

自社求人サイトで採用するメリットは、表現を「早く」「安く」「効果的」に改善することができます。
求職者からの応募を見ながら改善していけば、自社求人サイトを持てることになります。
ただし、デメリットもあります。
求職者からのアクセスを集めなければなりません。

2. 求人広告の出稿・運用

ただ単に広告出稿しアクセスを集めても、費用も時間も無駄になります。
求職者の行動を調査し、ダイレクトに情報が届くようSNS広告、インターネット広告などを個別にご提案させていただきます。

ミスマッチのない採用活動へ

これらの活動によって最終的には、「採用を強化したいときに広告を出せば応募が集まる」という形をゴールとして取り組んでおります。

当社取扱広告媒体

  • Yahooプロモーション広告
  • GoogleAdWords
  • MicroAd BLADE
  • TrueView
  • Instagram広告
  • Facebook広告
  • Twitter広告
  • Indeed広告
  • LINE広告

採用サイトの制作実績

弊社で制作した、自社求人サイトの一部をご紹介します。