先輩社員の声

この先家庭も大切にし、仕事もバリバリ頑張りたい女性にはお勧めの会社です。

ここは全部ひっくるめて、お客さんの事を深く考え、どうやったらお客さんの為になるのか?というのを考えるのがディレクター。

 

-前職は?

家電量販店で携帯を売り、ウェブ業界に入って…現在はジーニアスウェブに。だから、ウェブ業界はトータル8~9年ぐらいになりますね。

-経験をお持ちなので、色んな会社へ行く事が出来たと思うのですが、なぜジーニアスウェブに入ったのですか?

ジーニアスウェブを選んだ理由は、求人募集内容が濃かったんです。サイトを見ると、すごい仕事に熱意を感じて、社長の思いにも共感した所があったからです。

ディレクターと一言で言っても、進行管理するだけのディレクター、お客さんに話を聞き作り上げるのもディレクターなんですよ。ここは全部ひっくるめて、お客さんの事を深く考え、どうやったらお客さんの為になるのか?というのを考えるのがディレクター。コンサルタントに近い形ですね。そこに惹かれて入りました。

お客さんと一緒にいいものを作り上げていくのは、一番やりがいかな。

 

-ディレクター業務の中で、一番面白いところはどこですか?

クライアントのお客さんは当たり前と思っているところが、その先のお客さんからすると、それって実はすごい事なんだとかわからない事っていうのを見つけたらすごく面白いです。

-例えば詳しい例はありますか?

実際の例で言うと、樹脂加工業のクライアントがいらっしゃるんですけど、「お客様は素材の事は知ってるんだ」とそのクライアントさんは言ってたけれど、実はやっぱりお客様は知らなかったというのがわかって、素材に関してのアドバイスをしますよという素材アドバイザーと言う名前を作ったんです。すると素材に関するお問い合せ相談が増えて、見積もりや受注につながっていったというのはあるので、それはなかなか面白かったです。

実際にそこの営業の方から「お客様は素材の事を知らない」と言う事を初めて認識した。素材アドバイザーの意味を実感しましたという声をいただいたので、それは良かったなと思います。

-嬉しかった、印象に残ってる案件はありますか?

印象に残っているのは、初めに担当した2つの新規案件が、ものすごく印象に残っていて、すごく大事。

今までディレクターとして沢山やってきてますけど、全ての脳みそを自分が牛耳ってやるのって初めてだったんですよ。ウェブ業界これだけ長くいて、言われた事をやる業務の方がやっぱり多くって、脳みそをお客さん側が持っていることが多かったんですね。原稿が全部来て、これを作ってください、管理してくださいっていうのが多くて。だから一から全部起こしていくと言うのはナカナカなかったんですよね。だから、初めて全てを手掛けた案件が印象に残っているんです。

-お客様がGWのディレクターを信用して仕事を依頼してくるって事ですよね?

そうですね、大手の企業の人だとやっぱり脳は自分が持ちたいていうのがあるし、逆に中小企業をターゲットとしてジーニアスウェブはやっているから、ウェブの事をそんなに知らない方もいらっしゃいます。ジーニアスウェブがお付き合いさせてもらっている担当者って、社長さんだったりと上層部の方とのやり取りが多いので、その経営にまつわる根幹の所を握ってやるから難しいけど、その分上手くいった時の数値とか具体的に教えて貰えるし。問合せがすごく増えたとか、そういうのはやっぱりすごい嬉しいです。

お客さんと一緒にいいものを作り上げていくのは、一番やりがいかな。

 

ディレクターに向いてるのは、新しい情報を取り込んで行ける人、やっぱり聞く力を持ってる人。まとめる力を持ってる人だと思います。

 

-どういう人がディレクターに向いてると思いますか?

ディレクターに向いてるのは、新しい情報を取り込んで行ける人はいいし、やっぱり聞く力を持ってる人。まとめる力を持ってる人はディレクターに向いてると思います。

つまり情報整理能力だと思いますよ、ディレクターって。お客さんも点でしか喋らないから、それをどうやって線にまとめて、面にしていくかっていうところは情報整理能力が必要だと思います。

ご結婚されていますが、ご家庭との両立はいかがですか?

旦那さんに家事など結構やってもらってるけど、妊娠してからはもうほぼ定時で帰らせてもらってるので、大丈夫です。お子さん持ちの男性社員も多いので、家庭を大事にしなさいって言ってくれます。こんな会社ウェブ業界では珍しいですよね。

経験者の人で、今一応ディレクターと名乗ってるけど、ホントにディレクターなのかな?って疑問をちょっとでも持ってる人はここに入ってみたらいいと思う。

 

この仕事でこだわってるところ、工夫してる部分はありますか?

ディレクターをやる点においたら、痒い所に手が届くサービスを提供したいと思ってます。

というのは、単純にAという場所を修正してくださいと言われたら、Aだけじゃなく、関連するところが他にもあるはずなのに、そこを放っておくというのは、私の中ではNG。

「これも一緒にやっておきました」というところ。そういうところでお客さんとの関係が良くなっていくんですよね。どんどん頼ってくれるようになるので、情報がどんどん入ってくるようになるんです。

何においてもお客さんが考えている更に1歩先まで考えたいと思ってやってます。

-ジーニアスウェブのスタッフはどんな方々ですか?

個性豊かでキャラが濃い面々ですが、やるときはやるって感じ。

みんなマーケティングを勉強するのが好きですね。時間を割いてでも、新しい事を勉強しようという意欲は持ってるんです。セミナーがあったら受けに行くとか、貪欲に情報を取りに行ってる所はえらいなって思う。忙しいのに、新しい情報は常に取り入れるっていう姿勢はすごいと思う。

社長は言葉は少ないけど、芯を捉えてる感じ。物事って大きい枠の中で芯が絶対あるはずなんですけど、それを掴むのが上手い人なのかなって思う。ウェブだけじゃなくって、それ以外にも視野が広いので、いつもいい勉強になります。

 

-応募しようとしてる方に後押しのアドバイスを。

経験者の人で、今一応ディレクターと名乗ってるけど、ホントにディレクターなのかな?って疑問をちょっとでも持ってる人はここに入ってみたらいいと思う。大変だけれど、すごく勉強になるし本当のディレクターの仕事が出来て、面白みをもっと感じられると思う。

未経験者の人は自分で勉強する気がある人は入ってほしい。

全て教えて貰えるものなんだって思ってる人は長続き出来ないから無理だと思う。独立志向の人はサーバからマーケティングからもちろんウェブの制作から全部やってるから、ここで働くと全部勉強になる。

前向きな人に来て欲しいな。

女性の方も、私のように結婚して妊娠して、子供が産まれても、仕事を続けさせてもらえる会社って、意外にないので、この先家庭も大切にし、仕事もバリバリ頑張りたい女性にはお勧めの会社です。

06-6341-1005

お気軽にご相談ください。

集客にお困りの方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

メールマガジン

G'sMail(メールマガジン)

登録いただいた方には、無料で情報をお届けします。

無料登録
Google Partner Yahoo!マーケティングソリューション正規代理店
mautic is open source marketing automation