2017.04.20 Thu

twitter広告のターゲティング次第では 希少な職種であるアナウンサーにもリーチできる

twiiter-can-do-niche-targeting

こんにちわ、ジーニアスウェブの横山です。
本日はtwitter広告についてお話しします。

日本でも2015年より、
セルフサービス(自社運用型)Twitter広告が始まりました。

以前より広告Menuは存在しましたが、最低出稿金額が高額で導入のハードルが高かったのですが、
いまでは、最低出稿金額、月額3,000円から予算に応じて簡単に出稿できるようになりました。

また、twitterは日本での月間アクティブユーザー数は4000万人を超えており、実は、facebookやInstagramよりもアクティブユーザー数は多いメディアです。
※2016年11月時点
(ちなみにLINEのAUは6,800万人)

twitter広告のタイムライン表示例

20170420_01 20170420_02

tiwtterをしている人ならよく見かけると思います。
当社はtiwtter広告の出稿例はまだまだ少ない状況でした。

そんななか、お客様よりこんな要望が。
「アナウンサーにピンポイントでアプローチしたいんだけどどんな方法がありますか?」

アナウンサー・・。
なかなかニッチです。

リスティング広告では、検索ボリュームが少なく、
リーチできるか不透明でした。
まず一番最初にfacebookの職歴ターゲティングなども試してみましたが、
ターゲティングはある程度できるものの、まったくクリック・CVが獲得できませんでした。

なかなか打つ手が見えない状況で、
まずはアナウンサーのことを調べ直したのですが、

ソーシャルにおいては、twitterの利用率が高いことがわかり、
登録だけではなく、twitterで情報発信している人が多かったのです。

そこで、以下のようなターゲティングでテストを行いました。

※下記のようなターゲティングを3通りほど作成しテスト

20170420_3

twitter広告では、
紹介本文や登録名のkeywordを元にtwitterアカウントのフォロワーに
ターゲティングができます。

例えば、画像内に有名アナウンサーもいますが、
その人に表示されるわけではありませんが、有名アナウンサーのフォロワーにターゲティングできるのです。

「アナウンサーは他のアナウンサーをフォローしている」
「facebookではアクティブユーザーではないが、twitterではアクティブ」

これらの仮説のもと、
初期段階での反応が良かったので、予算をtwitterに途中変更をし、
結果として、

広告費:約15万円
CV:約20件
CPA:7500円

約20名ほどのアナウンサーの名簿が獲得できました。
※実際はこれからアナウンサーになるひとなども含まれてますが。

まとめ

今回はニッチな事例をもとにお話させていただきましたが、
御存知の通り、ソーシャルメディアも多様化しており、一つのことをやればOKということではなくなってきています。

もっとも可能性の高いものを選定したり、
または組み合わせたりと、目的や状況に応じて戦略を建てることが重要です。

WRITERこの記事を書いた人

横山祐樹

横山祐樹

株式会社ジーニアスウェブ 取締役 お客様の課題と問題の両方を解決するべく、日々取り組んでいます。

株式会社ジーニアスウェブ 取締役 お客様の課題と問題の両方を解決するべく、日々取り組んでいます。

CATEGORY

Genius Web in Japan コーポレートサイト

FREE DOWNLOAD

顧客獲得に成功した24社の成功事例を1冊にまとめました。
顧客獲得にお困りの方も、そうでない方も、一度お読みいただくことをお勧めします。

MORE VIEW

CATEGORY