写真からあなたの居場所が特定されている!Exifから位置情報を消す方法

Pocket


こんにちは、戸井です。

現在は気軽に写真が撮れる時代になりましたね。
写真をSNSやブログに投稿されている方も多いのではないでしょうか?
その写真から場所が特定されてトラブルに巻き込まれることもあります。

外観から場所が特定されないように気をつけてるから大丈夫!それだけの危機管理だと簡単にあなたの居場所が特定されますよ!
フィルムで撮った写真と違ってスマホやデジカメで撮った写真はデジタルデータです。
簡単に写真の情報を見ることができるのです。

 

1.どうして写真で位置情報がわかるの?

GPS機能付きのスマホやデジカメで撮影された写真にはExif情報という写真についてのデータが自動で記録されます。
Exif情報には、位置情報・撮影日・スマホやカメラの機種名・撮影設定などが埋め込まれています。

ですから「GPS機能をオン」にして撮影すると、このExif情報の中に「撮影位置情報」が記録されます。
アプリやソフトを使えば、この位置情報を簡単に特定できてしまうのです。

 

2.なんでExif情報が記録されるの?

写真の情報が記録されるExif情報がなければ安全なのに!と思った方もいらっると思います。
しかし、この機能がついている理由があります。
1.撮影日・撮影場所ごとにフォルダ内で検索、整理できる
2.旅行などどこで撮影したか忘れても調べればすぐににわかる

主に上記のようなメリットがExif情報にはあります。
このような素敵な機能も悪用する人がいるのは残念なことですね…。

 

3.安心して!位置情報を自動で削除するSNS・ブログもありますよ

どうしよう…気にせず投稿しちゃってた…。と後悔した方安心してください!
位置情報を自動で削除してくれるSNSやブログもあります。

【位置情報を自動で削除してくれるSNS・ブログ一覧】
・Facebook
・Twitter
・LINE
・Instagram
・アメーバブログ
・メルカリ
・はてなブログ
・livedoorブログ(設定でExif情報を削除することができます。)
・WordPress(Exif情報を削除するプラグインのインストール・設定が必要です。)
※自動削除が適用される前にアップロードした写真の位置情報は消されない場合もあります。その場合は、アップロードし直すなどの対策が必要です。

 

4.これで安心!位置情報を記録させない方法

まずは、スマホで撮影する際に位置情報をつけない設定をご紹介します。
とっても簡単なのですぐにでも設定されることをオススメします。
【iPhoneの場合】「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」で「カメラ」を「オフ」にする

【Androidの場合】カメラアプリを開く→メニュー→設定→「GPS」タグを「オフ」にする

すでに撮ってる写真はどうすればいいの…?という方はアプリとPCで消すことができます。
今から紹介する方法もとっても簡単なのでExif情報を削除してアップロードしたい方はぜひ試してくだい!

【アプリ】PhotoCheckで位置情報を削除する方法
このアプリを使用すると、カメラロールに保存した写真を一括チェックしてくれます。
どこで撮影された写真なのかを確認することもできますし、位置情報だけを除去した写真を複製することができます。

【ソフト】Photoshopで位置情報を削除する方法
位置情報を消したい画像を開き、「ファイル」→「Web用に保存」→「保存」で写真を保存するだけで簡単にExif情報が削除されます。

【PC mac】アプリなどインストールせずにで位置情報を削除する方法
いやPhotoshopとかもってないよ!という方にオススメの方法です。
プレビューで写真を開く→「ツール」→「インスペクタを表示」をクリック→「GPS」をクリック「位置情報を削除」

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
位置情報を削除する方法は特に難しくなかったと思います。
すでにアップロードしている方は、紹介した方法で位置情報を削除していただいて再度アップロードしてください。

これから写真を撮るよ!という方はGPSをオフにして撮影を楽しんでください。