2019.06.11 Tue

EC-CUBEのカスタマイズに携わったエンジニアがECサイトにクレジットカード決済を導入する大まかな流れを紹介!

前回の EC-CUBEのカスタマイズに携わったエンジニアがECサイトにクレジットカード決済を導入するメリットとデメリットを紹介! の続きになります。

今回はEC-CUBEのカスタマイズに携わったエンジニアが、ECサイトにクレジットカード決済を導入する大まかな流れを紹介いたします。

※決済代行業者によって導入までのフローは若干異なるため、各決済代行業者でも共通している大まかな流れを参考になる程度で内容を紹介いたします。具体的な流れに関しては各決済代行業者にご確認ください。

当記事の対象者としましては以下のとおりです。

  • ECサイトにクレジットカード決済の導入を検討している方へ
  • クレジットカード決済の大まかな流れを把握したい方へ

どうぞ最後までよろしくお願いいたします。

導入前の検討すべき内容

01決済代行業者の選定、決済代行業者とは?

ECサイトにクレジットカード決済を導入する際は決済代行業者との契約が必要となります。

決済代行業者はVISA, MASTER, JCB, DINERS, AMEXなどのカードブランドへのサイト審査や技術的な連携についてを提供してくれる業者であります。

EC-CUBEの場合はありがたいことにEC-CUBEの決済プラグインを開発しプラグインを配布している決済代行業者があります。そのため殆どの場合はEC-CUBEに決済代行業者との連携の実装をする必要がありません。

EC-CUBEに対応している決済代行業者であれば、プラグインのインストールと設定のみでクレジットカード決済を使用できるようになります。

しかし、EC-CUBEに対応していない決済代行業者も多くあるため、対応していない決済代行業者を希望の際は別の決済代行業者を選ぶか、開発を待つ必要がありそうです。

どの決済代行業者がEC-CUBEに対応しているかは、EC-CUBEのオーナーズストアで配布されている決済プラグインをご確認ください。EC-CUBEのバージョンによっては対応しなくなった決済代行業者もあるためしっかり確認をしてください。

02オプションを検討する。

ただ単にクレジットカード決済と言っても、セキュリティコードや3Dセキュアなどのセキュリティ的な有料オプションが存在します。セキュリティコードや3Dセキュアの対応は各々の判断にお任せいたしますが、チャージバックなどの不利益を被る可能性を考えるとつけていたほうが良いオプションだとは思います。

どのようなクレジットカード決済にするかを考えた上で、契約に進みましょう。

決済代行業者との契約・審査

01決済代行業者に見積もりを依頼する。

決済手数料や月額は決済代行業者によって異なります。気になっている決済代行業者にお見積りをしてもらいましょう。

その際にどの決済代行業者でも大体聞かれるのが以下の質問になります。

  • 導入を検討している理由
  • 法人or個人
  • ECサイトのURL(予定でも可の場合がある)
  • どのような商品・サービスを販売していくか(商品によってはクレジットカード決済ができない場合があるため)
  • 1商品の平均金額や1年の売上
  • などなど

02お見積内容に問題がなければ契約。

お見積りの内容に問題がなければ、次は契約に進みます。決済代行業者によっては提出する書類が異なるかもしれませんが、以下のようなものを提出する可能性があります。

  • 申込書
  • 商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 振込先口座の通帳コピー
  • 他、販売に必要な免許など商材によるもの

取得より○ヶ月以内などの指定がある場合があるので、決済代行業者の担当者様にお伺いしておきましょう。

03クレジットカードブランドによる審査。

決済代行業者の契約とは別途で、VISA, MASTER, JCB, DINERS, AMEXなどのカードブランドによるサイトの審査が行われます。

審査の手続きは決済代行業者が行ってくれるので難しい手続きも不要です。

ECサイトは審査時に見られるページがあり、それらのページを準備しておく必要があります。

  • 特定商取引法についてのページ
  • 販売責任者が誰なのかがわかるページ
  • 実際に販売する予定の商品何点かが確認できるページ

その他に審査時に見られるページもあるかもしれませんが、決済代行業者がどのページの何が足りないなど教えてくださるのでご安心ください。

契約・審査が完了しクレジットカード決済をECサイトに導入

決済代行業者が開発したEC-CUBEのプラグインを使用すると非常に楽です。EC-CUBEに決済プラグインをインストールして、頂いた接続先情報を入力することでEC-CUBE内でクレジットカード決済を使用することができます。

最初は不安もあると思いますので、自信のクレジットカードで安い金額の商品を購入して仮売上が通るかを確認してみましょう。購入後は仮売上キャンセルすれば請求が発生しませんのでご安心ください。

契約・審査が完了していなくてもテスト接続先情報はいただける

契約・審査が完了していないけど、クレジットカード決済の仕組みとしては揃えておきたいというのがあると思います。EC-CUBEプラグインをインストールして決済プラグインの設定でテスト環境の接続先情報を設定すれば、テストカードでの決済の動作確認が行えたりします。

決済代行業者の担当者様にテスト環境が欲しいと相談すると良いと思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
ECサイトにクレジットカード決済を導入する大まかな流れは把握できましたでしょうか。実際に決済代行業者とやり取りしてみないとわかんない部分もあったり、決済代行業者によってはフローが違っていたりするかもしれませんが、大体の目安として参考にしていただければ幸いです。

それでは。

WRITERこの記事を書いた人

甲斐

宮崎でプログラマしてます。よろしくお願いいたします。

宮崎でプログラマしてます。よろしくお願いいたします。

CATEGORY

Genius Web in Japan コーポレートサイト

FREE DOWNLOAD

顧客獲得に成功した24社の成功事例を1冊にまとめました。
顧客獲得にお困りの方も、そうでない方も、一度お読みいただくことをお勧めします。

MORE VIEW

CATEGORY