2018.12.27 Thu

【コーダー・プログラマー向け】これから流行りそうなメモアプリ「Boostnote」がオススメ!

こんにちは、ジーニアスウェブの石野です。

今回は巷でじわじわ話題になりつつある和製メモアプリ「Boostnote」をご紹介します。
Boostnote公式ページ

まずは簡単に概要説明

ほとんどのデバイスで動作して、ローカルにインストールするアプリケーションだからネットにつながっていない時も使える。

DropboxやGoogleDriveを使ってクラウドに保存して、モバイルデバイスと同期する事も可能。
※Android、iOS共にアプリがリリースされてます。
Boostnote内のデータを、クラウド上に同期する方法

メモは「Markdown Note」と「Snippet Note」の二種類から選んで作成

Markdown Note


マークダウン記法で書くことができ、ライブビューを見ながら書くことができる。
インポート・エクスポート・PDF出力が可能。
※マークダウン記法についてご存じない方はググってみて下さい、非常にシンプルなのですぐ使えると思います。
仕事効率、学習効率を加速させるMarkdown記法の紹介

Snippet Note


ひとつのノートで複数のスニペットを保存することができます。
しかも100種類以上の言語に対応していて、色付けもしてくれます。

ファイルは本棚>本>ページといった感じの3段階で管理できる。


順番の入れ替えや、ピン止めで上部固定もできる。
保存・同期先は本棚ごとに設定ができるので、チーム用・個人用で分けることもできる。
※Boostnoteでの各名称はこんな感じ
本棚→Storage 本→Folder ページ→Note

その他細かいの色々

Vimが使える。
コピペでスクショを貼り付けられる。
日本製なので、当然日本語が標準対応。
etc…

ローカルアプリだからいい。

ネット上に同じことが出来て、その上便利な機能が山ほどついてるサービスはありますが
ブラウザってタブを開けば開くだけ重くなるし、管理が面倒ですよね。

Boostnoteはローカルにインストールするアプリケーションな上に
メモアプリの中でも、とてつもなく軽く速い。
しかも昨今のエディターのように見た目(フォントの種類・サイズ・色、背景等)を変更可能。

そしてプログラマー向けと謳い、Vimを搭載するだけあって、基本的にすべてショートカットで操作できます。

慣れれば慣れるだけ効率が上がっていきそうですね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

なんでもオンラインで完結させてしまうと、いざという時に困る事もあると思います。
バックアップも可能ですし、テキストというデータ量の多くないものはローカルベースで、
必要なものだけクラウドでデータ管理するのもいいのではないかなと思いました。

まだVer0.xxの発展途上アプリなので、今後もっと便利になりそうですね。
Boostnote公式ブログ(英)
Boostnote公式ブログ(日)

Evernoteからこちらにデータを持ってくる方法もあるそうなので、移行を考えている方は
一度試してみてはいかがでしょうか。

それでは。

WRITERこの記事を書いた人

石野 真琴

現在、宮崎在住の江戸っ子。 以前は夢と魔法の王国で働いておりました。 「Webを通してハピネスをあなたに」

現在、宮崎在住の江戸っ子。 以前は夢と魔法の王国で働いておりました。 「Webを通してハピネスをあなたに」

CATEGORY

Genius Web in Japan コーポレートサイト

FREE DOWNLOAD

顧客獲得に成功した24社の成功事例を1冊にまとめました。
顧客獲得にお困りの方も、そうでない方も、一度お読みいただくことをお勧めします。

MORE VIEW

CATEGORY