2019.04.10 Wed

見込み客の誘導から、より良い顧客関係構築までを可能にするステップメールとは

皆さん、こんにちは 上野です。
先日、シルクドソレイユの公演キュリオスを見るべく
福岡まで足を運びました。恥ずかしながらこの年で初サーカスです。
童心に帰った一日でありました。

さて、今回ご紹介させて頂くのは、ステップメールについてです。
「概要」と「実装」の全二回を想定しております。
本記事は「概要」編です。

はじめに

ステップメールと聞いて、メルマガとの違いは何かというと、

メルマガは、企業の最新情報をユーザーに対して一括で送るメールです。
〇月号~というパターンもありますが単発で使用しています。
会員登録したサイトからお得情報や、イベントの告知で受け取ったという
経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ステップメールは、ユーザーに応じて配信する期間、タイミング、
内容を変更したメールを段階を踏んで送信します。

上図のように、ユーザー取った行動に応じて変えられるかつ、
長期に渡って関係を築くことができます。一回のやり取りでは…
という方でも回数を通して購買意欲を高めることができます。

導入のメリット・デメリット

先にお伝えした内容では、通常のメルマガとの違いを
こちらではメリット・デメリットについて紹介します。

メリットは、「スタートが同じ」点です。
通常のメルマガは、リストに新規で追加された方には
最新号からの配信になります。ステップメールは追加されるタイミングは
違っても一通目からの受信になります。
同じ属性のユーザーに偏りなく同じ情報が提供できます。

デメリットは、「作成に工数が掛かる」点です。
複数のメールから成り立つステップメールは、その仕様上、
メルマガ程フットワークの軽いアクションが取るのが苦手です。

ターゲット設定

では、今メルマガで配信している内容を全てステップメールに改修すれば良いのでしょうか?
通常のメルマガより工数の掛かる方法になりますので
有効な相手に送れるよう、正しいターゲット設定を行う必要があります。
下記の要素を含んでいる場合は、ぜひステップメール構築をご検討下さい。

01高額商品、サービスを扱っている

通常のメルマガですと、単発形式になってしまう都合上、
伝える要素を一通にまとめる必要があるため、訴求力が弱くなります。
自社が提供するサービスの良さを知ってもらうためにシナリオを通して
アピールを行います。

02比較対象・競合が多い商品・サービスである

メルマガを受け取ったお客様は、競合と自社とで比較を続けます。
この時何のフォローも無いと、自然と候補から消えてしまいます。
関心の高まる時期、必要としている情報を適切なタイミングで送ることで
より良い関係構築に常げることが出来ます。
同じ理由でBtoBビジネスをされている方にも有効です。

おわりに

いかがでしょうか。
ただ送る、大勢に情報を配信を行うのではなく、
適切に切り替えることによって大きく成果が変わってきます。

次回は、実際に弊社で使用している、メールマーケティングソフトウェア
ZohoCampaignを使ったステップメール構築についてご紹介させて頂きます。

その際には、デメリットに挙げさせて頂いた「工数」の部分で負担が
軽減できるよう進めさせて頂きます。

WRITERこの記事を書いた人

野田

CATEGORY

Genius Web in Japan コーポレートサイト

FREE DOWNLOAD

顧客獲得に成功した24社の成功事例を1冊にまとめました。
顧客獲得にお困りの方も、そうでない方も、一度お読みいただくことをお勧めします。

MORE VIEW

CATEGORY