簡単操作!youtubeの「クリエイターツール」を使って動画編集

Pocket


こんにちは。ジーニアスウェブの藤井です。
先日『MEG メグ・ザ・モンスター』を観てきました。
全長25mもある超大型サメと海で格闘するシーンはドキドキしました!
ただ、いつかダイビングしてみたいという希望は遠いものになりました…
 
今回はyoutube内で簡単に動画編集できる「クリエイターツール」をご紹介します。
動画を投稿した後でも簡単に加工できるので、動画を上げ直す必要がありません。
動画に“ちょっと”手を加えたい時に便利ですので、ぜひ使ってみてください。

 

はじめに(動画アップロード)

まずはじめに、動画を投稿しておきましょう。

上部右側にあるアイコンをクリックし、ログインします。(Googleアカウントをお持ちであれば、連携してログインできます)

ログイン後、一番左端にあるアイコンをクリックします。
クリックした際に表示される「動画をアップロード」を選択してください。
動画をドラッグ&ドロップする画面に変わりますので、こちらからアップロードをしてください。

動画はすでに投稿済み!という方は、ご自分のアイコンをクリックし「クリエイターツール」を選択します。
 

ログインすると、管理画面に移行します。
すでに動画を投稿していれば、赤枠内に動画のサムネイルが表示されます。
今回編集する動画の横にある「編集」をクリックし、実際に編集していきます。

 

動画加工ツール(ぼかし・尺設定)


こちらでは動画に「ぼかし」を入れることができます。
人が多く写っている時など、第三者の顔をあまり写したくない時に使えます。
見本では、アザラシが写っている動画を使って、顔をぼかしてみました。

顔のぼかし処理を選択すると、動画を自動で読み込み、ぼかしを入れることができます。自動認識のため、顔を認識されれば全てがぼやける仕様になっています。大勢をぼやかしたい場合は便利です。
任意で設定したい時は、カスタムぼかしを選択します。ぼかしたい箇所を選択し、動画の流れを見ながら調節することができます。動画を動かしながら設定するので少し難しいですが、細かく設定することができます。

 

また、下部の「カット」から動画の長さを設定できます。
動画の下にある「分割」をクリックすると、動画が分断され、動画両端に青い帯が出てきます。青い帯をクリックし、長さを自由に変更することができます。
カットした後は斜線になり、この部分は映らない状態になります。

 

音声


動画にBGMを当てることができます。
youtube側で数多くBGMを用意してくれています。ジャンルも豊富にあります。
BGM音声が優先、動画元の音声が優先など、動画の音量も調節できます。

 

終了画面とアノテーション / カード


youtube動画を見ていると、よく「チャンネル登録よろしく!」といった表示が出てくると思います。こちらではその設定を行うことができます。

終了画面とアノテーションでは、動画の終わりかけにチャンネル登録や次のオススメ動画を表示することができます。また、表示位置も、オススメの動画を一番先に出したいなど、軽微な調節ができます。

カードも同様にチャンネル登録やオススメの動画を表示することができますが、図の左側のように、動画上部に表示されます。サムネイルでの表示ではなくテキスト表示になりますが、元の動画を邪魔したくないのであればカードが便利です。カードでは、終了画面だけではなく任意の時間に表示させることができます。

 

字幕


字幕はお客様のインタビューや、音声が聞き取りづらいと感じた時に便利です。
音楽の動画なら歌詞を表示させたりもできますね。

使用する言語を選択し、ボックス内に任意のテキストを入力するだけで字幕をあてることができます。追加した字幕は、表示時間も細かく設定することができます。(同時に字幕を出すことはできません)

動画が長くてひとつずつ打つのが面倒!という時は、テキストファイルをアップロードすることでも対応できます。

 

動画編集の注意点とまとめ

いかがでしたか?
ちょっと編集していくだけで、より見やすい動画になるかと思います。

どの編集も「保存」を押さない限りは反映されないので、注意してください。
編集した動画が反映されるまでには時間がかかるので、しばらくは編集前の動画が公開されている状態になるので、何度も編集する場合は、一度動画を「非表示」にしての編集をオススメします。

誰でも簡単に利用でき、世界中に発信できるyoutube。
より多くの人に見てもらえるよう、ちょっとした工夫で視聴率UPを狙いましょう!
それでは。