当社について

ジーニアスウェブが取り組むのはお客様の課題解決

ジーニアスウェブが設立したのは2006年4月。
新しい技術が次々に出てくる現在のWeb業界においては、ホームページを制作し、広告を配信すれば容易に新規顧客の獲得ができた当時とは違い、お客様のニーズや
抱える課題は新規顧客の獲得のみならず、リピートの成約や、社内の業務システムの改善など多岐に渡ります。

私たちはそうしたお客様の抱える様々な問題解決に向けて、最適な選択肢をご提供したいと考えています。
抱えるお客様の問題解決に取り組む際、大切にしている考えやご提供できる価値についてご覧下さい。

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

  • 守備範囲を広げ
    最適な選択肢を

    ABOUT

    守備範囲を広げ最適な選択肢を

    今、ホームページ・広告・業務システムは繋がり出しています。
    こうした流れの中、一つの事を行えば課題を解決できるといった現状ではなくなって来ています。

    また、色々な業者とやり取りしていく中で路頭に迷いやすくなっている事も事実です。
    私たちの特徴は、お客様の歩調に合わせながらいろんなご提案や選択肢をご用意できることです。

    例えばWebサイトを作りたいというご依頼を頂く際、その裏ではビジネス上の何らかの課題やお悩みがあります。
    本当の課題が何なのかを伺い、必要な手段を提供して行きます。

    ホームページの制作や広告はもちろん、動画製作のお手伝いをしたり、社内業務改善へ向けてシステムを開発したり。
    お客様の事情に合わせてチラシや看板も作ります。
    時にはやめていただく選択肢をご提案することもあります。
    頂くご相談はWebのことに限らず、社内や現場の事など多岐にわたります。
    出来る限り自社で一貫してお客様をサポートできる守備範囲を広げる事で、お客さまの求める結果に早く辿り着く事が出来ます。

    サービスを見る

    CLOSE

  • 見据えるのは
    お客様のお客様

    ABOUT

    見据えるのはお客様のお客様

    私たちは、お客様の「成果」を最も重視します。
    それはつまり、お客様のサービスやコンテンツが「お客様のお客様」に響いたかどうか。

    「見た目がかっこいいサイト、綺麗なサイトができたけど、問い合わせは増えなかった。」
    「問い合わせは増えたけど、成約に繋がらなかった。」

    こうした制作サイドの自己満足で終わる事を私たちはよしとしません。

    お客様の目的に合わせた成果の達成や、課題を解決するためには何が必要かは、
    お客様の先にいるお客様を見据えることで見えてきます。

    両者をより多く結びつける事が私達の目指すところであり、お客様の成果であると考えます。

    CLOSE

  • お客様のことを
    よく聞き、調べます

    ABOUT

    お客様の事をよく聞き、よく調べます

    お客様の抱える問題解決に向けての第一歩は、お客様の事を深く理解する事。

    そのため、ご縁を頂いた際はお客様とのコミュニケーションや調査に時間を割きます。
    お客様ご自身で考えられる自社の強みや、競合の事。ユーザーの声や市場の事など。

    こうして時間をかけて見えてくるお客様の「本当の強み」を各媒体でうたっていくことで、
    自社の商品やサービスとお客様のお客様が聞きたいことをマッチさせることができます。

    お客様を一番理解し、2人3脚で進めていくパートナーになれるように一緒に調べ、共有していきます。

    CLOSE

  • 大切にしている
    Web以外のこと

    ABOUT

    大切にしているWeb以外のこと

    私たちはWebの新しい技術を取り入れる事と同じくらい、
    社内のコミュニケーションとスタッフの経験値を上げる事を大切にします。
    プロジェクトを遂行してく際、お客様との打ち合わせ以上に社内では何度も打ち合わせを重ねます。
    そのため大阪・宮崎間でのやりとりはとても頻繁に行われます。

    チームで同じ目的に出来るかぎり早く向かうにためには、プログラマーはプログラミングだけ、
    デザイナーはデザインだけを学ぶのではなく、お互いの仕事を理解する必要があります。
    広告の運用者にデザインを学んでもらうこともあります。

    社内勉強会を行い情報を共有する事、セミナー参加して知識を得る事、書籍を読む、ブログを書く。

    こうしてスタッフのWeb以外のところを積み上げ、ご提供できる選択肢が増える事で、
    お客様の問題解決に最短で向かう力になってくると考えています。

    スタッフ紹介を見る

    CLOSE